FC2ブログ

Nako's WEBSITES

Please click below to enter into my website!
   
Hi Japanese friends and peoples from other countries!
How are you getting along with English & Japanese? I do hope that this website would be one of nice places for someone making an effort to improve English and having interest in Japanese culture. I would be more than happy to be of service to you ♪
Please enjoy a pleasant time together with me!!
  
(^_-)-☆ 下記をクリックしてお入りください。
現在、英語力を向上しようと努力をしている方々、日本文化に興味がある外人さんのお役に立てれば嬉しいです♪
Nako's Websites

Today's 英字新聞 翻訳、解説

英字新聞をすらすらと読めるようになりたい!
Please click to enter!

WELCOME TO JAPAN

INTRODUCING JAPANESE AND CULTURES
Please click to enter!

I am home!

Posted by Junichi Kawagoe on 11.2010 My Diary   0 comments   0 trackback
Finally I got back in front of my PC after done successfully with 2-day hard job at Asian Festa in Sakai:)

Lang-8の友達への手紙より

Posted by Junichi Kawagoe on 03.2010 My Diary   0 comments   0 trackback
I basically really hate to spend days like recent busyness with pressure of business preventing me from following my favorite daily routine, let's say, such as studing English, updating my blogs or everything like that.

僕も*****さんを見習わなければなりませんね。
しばらくLang-8をご無沙汰していました。

順調そうな状態、長く続いていますね ^-^
何よりです。

先日親父の癌が発見されてから、手術をしたのですが、成功しました。しかも、今のところまだ検査の段階ではあるのですが、転移はないとのこと。
まさに不幸中の幸いというか、親父の悪運の高さに驚かされました。実は妹を含め僕は4人家族なのですが、妹もかなり進行した癌でした。でも、妹も同様転移がなく元気です。

あえて、これを*****さんに言うのは、両親のことをよく考えてほしいからです。
その気持ちが伝わったのか、最近の*****さんの両親への気持ちがうれしいです。

ネガティブにならずに明るく元気に勉強を続けましょう。

Nako

Out of the mail I sent a friend from Lang-8 the other day

Posted by Junichi Kawagoe on 23.2010 My Diary   0 comments   0 trackback
この前のLang-8の友達への手紙より


Everything is going well, *****, except one thing I have been having a worry since I got a call from my mother some days ago.

This year may be kind of hard for us in our life, and now it just seems to be my turn to carry many worries after my wife's mother passed away the other day.
My mother said my father was diagnosed with cancer.
He is supposed to stay in a hospital from tomorrow and be given surgery.
I do hope he wouldn't have life-threating condition.
I would like to follow his progress.
Please forgive me for informing you of this.

今日のLang-8の友達への手紙より

Posted by Junichi Kawagoe on 20.2010 My Diary   0 comments   0 trackback
僕に関して言えば、実は結構冷静です。
これまで受けてきた事柄が僕を強くしたのか、神経を鈍感に麻痺させたのか、よく分かりませんが、嫌なこと、悲しいことにふたをするすべを知っています。

あまり考えないようにしています。
明後日、帰郷しようと思っています。

いろいろとありがとう。
Nako

今日のLang-8の友達への手紙より

Posted by Junichi Kawagoe on 19.2010 My Diary   0 comments   0 trackback
*****さん

僕のメールやブログがいくらかでも人の役にたつのであれば嬉しい事です。

周りから、親離れできていない、自立できていないと言われるかもしれませんが、それでいいと思います。出来るだけそばで優しくしてあげてください。

この前の僕の父の話ですが、結果はやはり癌とのことでした。
緊急入院、手術ということになります。

Nako

今、インターネットカフェです。

Posted by Junichi Kawagoe on 13.2010 My Diary   0 comments   0 trackback
昨日は大阪でイベントがありとても忙しかったので、まだ外です。今、
http://twitter.com/Nako_kun/status/24303908776
です。

今日のLang-8の友達への手紙より

Posted by Junichi Kawagoe on 04.2010 My Diary   0 comments   0 trackback
 いつも返事が遅くてすみません (><)

久しぶりのインターネットでした。
ようやく滞っていた友達との交流も再開できてよかったです。もうネット上の友達も交流が途絶えると寂しいもんですね ^-^

僕もプライベートなことで色々ありますが。。。
実は時々僕も今回のようになります。疲れすぎたり、嫌なことがあると閉じこもってしまいます。そういう時、一人で飲みに出かけたり、YouTubeを聞きながらグラスを傾けたりすることが多いです。それが僕のストレス発散方法なのかもしれません。

*****さんも浮き沈みが本当に多いですね。
でもそれが******さんなのですから、嫌いになってはいけないと思います。受け入れなければ発展がないです。

たとえば、結婚生活がそうです。
自分の嫌なところを受け入れられない人は(自己嫌悪:青春時代に多いですね。僕もそうでした。)相手の悪いところも受け入れられないように思います。その結果、破綻します。
いいところを見る。とはよく言いますが、奥さん、または旦那さんのすべてを大きく見て、すべてを受け入れるような感じ。でしょうか。
自分についても同じことが言えると思います。

僕は今では
直そうとするのは大事ですが、直らないものはそういうものだと、自分のことも、奥さんのことも受け入れるようになっています。そうすると気が楽になり、相手ともスムーズにいきます。

実は前からずっと思っていたのですが、
*****さんのタイプは、非常に僕に似ています。自分で言うのもなんですが、生真面目タイプ。A型ですか?自分も相手もこうあるべきだと一生懸命です。生来の性分かもしれません。
でも、僕の場合はルーズなところもあります。いいか悪いかは別にして、そこの部分に助けられているような気がします。

大変な時期に就職活動をされているとのことですが、なんともコメントしにくいですね。無責任にがんばれとも言えないし。。。

話は変わりますが、この前の英語での文通の話。大歓迎です。
楽しみに待ってます!

では、今回はこの辺で。

I am so sorry to have kept me silence without any notice for a while.

Nako

今日のLang-8の友達への手紙より

Posted by Junichi Kawagoe on 21.2010 My Diary   0 comments   0 trackback
お返事が少し遅くなりました。

いいですね、スカイプ。
僕は、パソコンでの会話は日本語にしろ、ほとんどしたことがありません。もともと電話も用件を手短に話すだけのタイプなので。スカイプできる*****さんがうらやましいです。とてもいいことだと思います。

また、落ち込んでいますか?
その性格も含めてすべて自分なのですから、自分を責めたり嫌いになってはいけません。周りの人達も、僕を含めみんなもともと自分とは生まれも育ちも別物なのですから、理解を求める必要も、嫌いになる必要もないと思います。
ただポーカーフェイスでニコニコ受け流す毎日です。熱意は心の中にだけ、いつも。親しく打ち明けあう仲は極めて少数に、もしくは自分のみ。と、これらのことはすべて僕のことなんですが ^-^
ただ、たまに大爆発します。以前言ったように、喧嘩もします。その場合は計算しています。時と状況を考えてうまく喧嘩をします。その後の主導権の取り方としてうまく利用したいです。

少し返事が遅くなったので、このメールが届くときは少し状況がまた変わっているかもしれませんね。
*****さんは不安定なかたですから ^-^

でも。。。
ただメールで愚痴るだけでもストレスが解消するでしょう?
これは僕からの強いアドバイスなのですが、
でも、それは出来るだけここだけのことにしたほうがいいと思います。
決して周りの誰にも愚痴を言わないほうがいいと思います。たとえ親でさえも。何かほかに消化できる方法を見つけるほうがいいです。愚痴は探せば誰にでも必ずありますし、いくらでもいくらでも出てきます。上手な人はそれを探しません。特に僕のように年齢が上がってくると、若い人のように悩むたっぷりの時間が残されていません。本当に時間がもったいないです。
そんな時間があれば少しでも前へ進みたいです。人に決められた道ではなく、*****さんも僕も自分の好きな道を自分の好きなように結果的に歩いているんですから、愚痴を言うのはおかしいです。僕らのようにしたいように出来ない人もいるんですから。

周りに沢山人が集まってくる人は、いつも夢や、前向きな話ばかりです。愚痴を言いません。
愚痴を言っていても集まってくる人は、やはり周りも愚痴を言う同じタイプばかりでお互いステップアップするのを、足を引っ張り合いながらがんじがらめで縛りあっています。

自分の反省や人の行動の観察、評価、見習うことは大事ですが自分も他人も憎む必要はないと思います。

憎しみからは何も生まれません。
相手からも憎まれるだけです。どんなによく出来ていて、周りからの評価も高い人であっても自分に合わない、好きになれない人は必ずいます。でも反対に目立たない人でも自分ととてもしっくり合う人もいます。僕は後者です。例えば、グループサウンズのメンバーでも後ろのほうで楽器を奏でている一番目立たない、美人でもない人をどうしても好きになってしまいます。そう言えば学生時代からそうでした。クラスで眩しいほど光っている子よりも、目立たない物静かな子に興味を抱いていました。

人には合う人、合わない人、必ずいますよね。僕は合わない人とは向こうからアプローチがない限り全く関わりませんし、愛想よくこちらから社交辞令を交わすこともありません。というより目に入っていませんから、その人からの評価も全く気になりません。
特に仕事などで、何か糾弾されるようなことがあっても、いつもやはりポーカーフェイスでニコニコ、何分でもうなずいてはいますが、失礼なことに全く聞いていません
(ノω`*)


- 余談です -
余り人を糾弾するようなことをブログにも書かない僕ですが、*****さんなので書きたいことを書くね ^-^

花を沢山植えて大事に育てている人は心の豊かなやさしい人だというのは嘘ですね。
逆にそんな人に限って周りの人間には全く思いやりがなく、冷たい人を沢山見てきました。
ある美しいハーブ園をかわいがっている富豪の奥さんがいます。植物どころか、自分のその日のご飯さえ、食べられない、働きたくても働けない国の両親のもとに生まれた子供がいることなど、知ってか知らずか(知らないのは罪だと思いますが)、いずれにせよ、その花の豪華な植木鉢にかけるお金の一部でも寄付なりして助けようという心を持ち合わせてはいません。

本を沢山読む人は教養豊かだというのも嘘ですね。

教養とは、「学問、幅広い知識、精神の修養などを通して得られる創造的活力や心の豊かさ、物事に対する理解力」だそうです。その一番大事な、最後の結果的に得られるはずの 「心の豊かさ、物事に対する理解力」 がかけている人を沢山見てきました。
たとえば博士をもじった「バカセ」と言われるな勉強のための勉強しかできない教授等がいます。学校の先生もいます。

いくら花を愛し可愛がっても、どんなに難しい書物を読破しても、その知識や経験を全く生かせない、人間としてみすぼらしい、みじめな人がいます。

僕らはそうはありたくありません。
英語を勉強するなら、そのために何かを犠牲にしたり、または災いを招いたり、周りともめるようなら、それも同じく本末転倒だと思います。
つまるところ何を追及していても、結局人の目的は精神における集大成が目標だと僕は思っています。そこには、お金も地位や名声も関係ありません。
英語という語学力の追求から得られる、例えば、仕事以外にも、異国の方との交流からえられるさらなる幅広い知識、価値観、人間性の向上などに結び付けたいです。

社会人になり、ましてや所帯をもっていれば、勉強を続けていくと必ず周りに犠牲になる人が出てきます。
そこをいざこざを起こさずに上手にやっていくテクニックを持っているのは僕のようにこの年齢になれば、あってしかるべし、なのかもしれません ^-^


PS
本当に毎日忙しくて、飛ぶように時間が過ぎていきます。それが怖いです。が、仕方ありません。。。

Lang-8に日記を書いて添削もしてもらいたいのですが、なかなか思うように時間が取れません。

今日のLang-8の友達への手紙より

Posted by Junichi Kawagoe on 19.2010 My Diary   0 comments   0 trackback
^0^ お! 僕のことを忘れていなかったんですね ^-^
ignore されるirresponsible advice をする一人ではなかったようで、安心しました ^-^

元気そうで何よりです。
確かに今のこの時代、僕らは就職に関してdisadvantage がありますが、前向きに行きたいです。

アドバイスといえるようなものではありませんでしたが、少しは役に立ったのならばうれしいです。

僕はといえば、このLang-8で知り合いになったアメリカの大学生の女性と、どう意気投合してしまったのか、仕事の合間に忙しく英語でメールのやり取りをしています。生のネイティブさんの英語に触れられて相当楽しく勉強させていただいています。文通などもう何年振りでしょうか。このサイトには本当に感謝しています。
現在、日本語のメル友の*****さんと英語のメル友2人の計3人と定期的な文通がありまして、なかなか日記の投稿も出来ない僕ですが、今後ともどうぞよろしくお願いします。

Nako

PS
昨日、Lang-8の方から僕のFacebookにアプローチがあり、アカウントを作っただけでほとんど放りっぱなしだったFacebookを整理しました。結構時間がかかってしまいました
ε=(-.-;)完成!

http://www.facebook.com/profile.php?id=100001189464287

*****さんはFacebookを持っていませんか ^-^

昨日のLang-8の友達への手紙より 7

Posted by Junichi Kawagoe on 13.2010 My Diary   0 comments   0 trackback
67d4198bd46973c82935b029a3ab309d39e53174いつも夜分に恐れ入ります。 

お返事が少し遅くなりました。

*****さんが望むなら、楽しいのなら、それで生活が出来るなら、極端な話死ぬまで英語を勉強していてもいいのではないでしょうか。
結局、仕事にも何にも役に立たなかったとしても。
それくらいの気持ちでいれば気楽です。

それが人生だと思います。
みんな目的を持って、目指して何かをしていますが志半ばでみんな死んでいきます。達成したように見える人も、また次の目標があります。すべてを得ることはありません。

要は、それに自信を持って取り組んでいればそれがいい人生なんだと思います。たとえ、何の役に立たなくても。

最悪なのは、あれこれ悩みながら何もせずに、または、自分では望んでいないのに途中で止めたりして、時をずるずると過ごす。これが一番の無駄な人生なのではないでしょうか。

価値観は人によって違います。
この世の中はmajorityが正義となっています。
でもminorityが真実であることもあります。
だから坂本龍馬のような言葉が出るのだと思います。

世の中の人は何とも言わば言え。
我が成すことは吾のみぞ知る。

ほかにも、彼の言葉に僕の大好きな言葉があります。

この世に生を得るはことを試すにあり。

いろいろ極端な話をしましたが、でも、英語にそれだけ入れ込んでいれば、何らかの結果は出ると思っています。

一道万芸に通ず
一滴の水がいずれは硬い岩おも突き通す
等々いろいろありますよね。

いずれにしても自分の人生なのですから。自分のしたいように。
あせらずとも、時がたてば、その時が来れば、人前で教鞭をふるっている自分がいるかもしれませんし、専業主婦でやさしいお嫁さんになっているかもしれません。なるようにしかならないのですから。

ただ、結果としてそうなっているだけで、
努力したいように努力している今この時が幸福なのだと思います。

以上は僕の個人的な思いで、人それぞれ違いますし、同じではいけないと思います。

自分なりに、今努力して過ごしている今の自分の意味を考えてみたいです。そして、それが実らなくとも何も恥ずかしいこともないし、何も打ちひしがれる必要もないと思っています。
それが人生というものだと思います。成功しているように見える人々も、みんな大して変わらないように思います。
どうせその時が来て死んでも、どんな大金も経験も偉業も持っては行けないのですから。この世にその偉業の痕跡は残りますが、自分は消滅して何も分からないのですから、僕はそれもやはり、ないのと同じだと思っています。
結局この世は平等に出来ているのかもしれません。

そう考えると、気が楽になりませんか?

最後に1つ大事なことですが、
*****さんは自分を若くないといいます。
そうでしょうか。
20代はさすがに若いと思うでしょう?
そこからたった一つ桁が上がっただけですよ。
60代になってまだパソコンの前に向き合っている自分がいて、今の年齢のあなたを見たとき、どう思うと思いますか。
きっと、「ああ、むちゃくちゃ若いなあ。あれをしておけばよかった。これもしておけば。。。」そして、「あの若さをもっと楽しんでおけばよかった」
そう思うのではないでしょうか。

要は、自分をどの基準に置くかです。
30代であれば30代、40代であれば40代。もっといえば、僕のように1つ上に置くくらいで。
それぞれの年齢でしか出来ないこと、すべきことが勿論やりきれないほどあります。それをこなさなくてはなりません。若い世代と比較している暇はありません。でないと、若い人にどんどん追いつかれ、年配の先輩にどんどん置いていかれます。

後悔する人は、どんな境遇になっても必ず後悔します。どんな若さをもらっても悩みは尽きません。それはネガティブなものを必死で、一生懸命探すからです。なぜかは分かりませんが人間にはそういう部分があります。

上手に生きている人は、ポジティブな部分のみを見ています。たとえ周りからはどう見積もっても不幸な境遇にいる人でしかない人でも、どんどん恐ろしいスピードであがって来ます。そして僕たちはその人に抜かれてしまいます。

僕はそんな人を身近に見てきました。
それは僕の奥さんです。貧乏な国のさらに貧困地区の貧困層から日本に来た奥さんは、僕と一緒に自営業をしているわけですが、お姉さんに裏切られ、友人に裏切られ、慣れない事業でちょうど1000万円ほど負債を抱え込みました。その上で僕とも離婚の危機に瀕していました。

その後の彼女の一連の行動は。。。
そんな人を今まで、人よりも色々な経験をしてきたと思っている自分でさえ見たことがありませんでした。
それを間近に見れた僕は幸せだと思っています。たとえまだまだ借金が残ってはいても。どうにかやっていっています。

周りで適当なことをあれこれ言う人たちとは違い、自分にとって大切な、本当の影響力のある人は必ず見ています。

今 僕たちは1階がお店の3階建の家に住んでいます。二階へ荷物を上げる大きなリフトも付いています。家賃は大阪市内であるにもかかわらず、10万円でした。 にもかかわらず、事業が行き詰まり数ヶ月滞納していました。でも今では持ち直し、滞納はありません。さらに家賃を8万円へ落としてくれ、毎月支払日には色 々なものをくださるようになりました。

裏に駐車場を借りています。1万8千円と、このあたりでは安いほうです。それもやはり滞納していま した。が、すべて完済し、今では、とりあえずということですが、無料です。事業を軌道に乗せるまでは待ってくれています。料金を待ってくれているのではな く、全くの無料で、ということです。

このようなことが次々と起こっています。

今回も話が長くなりましたね。
やはり、たとえこういう場でただ、知り合っただけの関係でも、幸せになってほしいものです。
人をねたむような自分にだけはなりたくありません。

(^_-)-☆ 実際そんな時間が僕にはないですけどね。
本当に僕たちは毎日飛ぶように時間が過ぎて行きます。

大好きな読書をして、感性を磨いたり、心を静めたりたいのですが、残念ながら上記のような事情ですので時間がありません。
ですから、いつも、たとえばこのような書き物の時間に音楽をかけています。
こういうときいつも、僕たちは世界でもほんの一握りの幸せな環境に生きているのだと実感しています。

wired nation(インターネットの普及した国)で、しかもそれを利用できる人々がいったい全世界の何パーセントいるのでしょうか。

You-tubeで色々なお気に入りの曲を連続演奏にしてシャッフルで聞いています。



利用の仕方をご存知ですか?
僕のYou-tube のアカウントです。
http://www.youtube.com/user/kawagoeid#p/a

昨日のLang-8の友達への手紙より 6

Posted by Junichi Kawagoe on 12.2010 My Diary   0 comments   0 trackback
まあ。。。(´⌒`;)
指南役になれるかどうかは分かりませんが。

*****さん、今回のメールはずいぶんと雰囲気が変わりましたね。
全くの別人のようです。

あまり褒めるのも、元気付ける気の利いた言葉もかけられない僕ですので、今回も僕のブログの中からお気に入りの名言を幾つか、*****さんに。


あなたが孤独なのは、あなたが天才だからです。
シュガー・ガイ・ラッセル

暑さ寒さ。
風にしても、だれにも吹くものだ。
強い者は強い。
だから、運も不運もない。
アベベ

幸福への道はただひとつしかない。
それは、我々の力ではどうにもならない事柄について
悩むのをやめるにある。
エピクテタス

世の中の人は何とも言わば言え。
我が成すことは吾のみぞ知る。
坂本龍馬



幾分、朝晩、少しあのうだるような暑さが和らいできたような気がします。
そう言えば、もうお盆が来ているのですね。
明日、明後日と出張です。

お返事が遅くなるかもしれません。
そのままの*****さんでいてくださいね。
Nako

昨日のLang-8の友達への手紙より 5

Posted by Junichi Kawagoe on 11.2010 My Diary   0 comments   0 trackback
勇気付けられる言葉 自分のブログの自分が毎日目を通すところに貼り付けている言葉があります。
以下がその言葉集です。

僕も本当はとても逆境に打たれ弱い人間です。ただ、それを見せないだけです。
何とかしてモチベーションを保とうと実は四苦八苦しているのです。


--------------------------------
自分自身への説得 - 松下幸之助

説 得というものは、他人に対するものばかりとは限らない。自分自身に対して、説得することが必要な場合もある。自分の心を励まし、勇気をふるい起こさねば ならない場合もあろうし、また自分の心を押さえて、辛抱しなければならない場合もあろう。そうした際には、自分自身への説得が必要になってくるわけであ る。

私がこれまで自分自身への説得をいろいろしてきた中で、いまでも大切ではないかと思うことの一つは、自分は運が強いと自分に言い聞 かせることである。ほんとうは強いか弱いかわからない。しかし、自分自身を説得して、強いと信じさせるのである。そういうことが、私は非常に大事ではない かと思う。


Feeling sorry for yourself, and your present condition, is not only a waste of energy but the worst habit you could possibly have.
Dale Carnegie
あなた自身とあなたの現状を哀れに思うことは、単にエネルギーの無駄遣いだというだけではなく、人間が持ちうる最悪の習慣である。
デール・カーネギー

Adversity reveals genius, prosperity conceals it.
逆境は才能を現し、成功は才能を隠してしまう。
ホーレス

Develop success from failures.
Discouragement and failure are two of the surest stepping stones to success.  
Dale Carnegie
失敗から成功を生み出しなさい。
落胆と失敗は、2つの確かな成功への踏み石だ。
デール・カーネギー

Inaction breeds doubt and fear. Action breeds confidence and courage. If you want to conquer fear, do not sit home and think about it. Go out and get busy.
Dale Carnegie
動かないことが疑いと恐怖を生み出す。行動は自信と勇気を生み出す。
もしあなたが恐怖を克服したいと思うのなら、家の中で座って考えたりしてはいけない。外に出て、忙しくするのだ。
デール・カーネギー

Any fool can criticize, condemn, and complain - and most fools do.
Dale Carnegie
どんな馬鹿でも批判し、非難し、不平不満を言うことができる。
そして、大抵の馬鹿はそうする。
デール・カーネギー

There is no way to happiness; happiness is the way.
幸せへの道などない。幸せが道なのだ。
作者不詳
Unknown author


いかがでしたでしょうか?

賢明に、そしてゆっくりと。
早く走るやつはころぶ。
シェイクスピア



何度もゴメンネ。
(^_-)-☆ ではまた。
Nako

昨日のLang-8の友達への手紙より 4

Posted by Junichi Kawagoe on 11.2010 My Diary   0 comments   0 trackback
Ha ha ha、僕のほうは、反対に独身の人を見るとうらやましく思えるのに。。。
えてして、そんなもんですね (*´艸`)

一人遊びのことは、*****さんの日記でこの前読みました。あまり意識していなかったことなので、興味深く読ませていただきました。

英会話学校の現状のことは知りませんでした。
結局、周りのみんなも、なんだかんだ言う人も、その程度のいい加減なもんなんだということです。

毎日、英語のことわざをブログに書きとめているのを以前書いたと思いますが、その中にちょっと誰の言葉かは忘れましたが、“人の言うことの反対のことをせよ”というような偉人の言葉がありました。その時、僕にはこれまでの経験の実感がありましたので、大きく共感しました。

色々ありますが、そのひとつに、僕が鳶職人になろうと決めたとき”どかた”仲間のみんなに散々止めるように勧められました。どれもこれも、うっかり聞き流すともっともらしい理由のものばかりで、その時説得されかけました。

お前は、高いところは不向きだ。
そんな危ないことをするのは馬鹿だ。
等々。

何の基準で、誰が僕が高いところが苦手だと決めることが出来るのか?
確かに高所恐怖症だった僕は、話に従いかけました。が、僕はその時大きな借金があり、たとえ逃げてきたとはいえ、和歌山に迷惑をかけたままの人々に返さなければならない使命がありました。

仲間を飛び出し、連絡を絶ち新しい仲間の中へ飛び込みました。そして建設の花形の鳶になれたわけですが、そこから見る僕の居た彼らのグループはなんともみすぼらしい、足の引っ張り合いで少なくとも建設業界の底辺に縛り付けられている日雇いの連中でした。
ただ、それが分かったのは鳶になってからのことです。その場所にいては分からなかったことです。
収入は、一気に月50万ほどに跳ね上がり、2週間で120万円稼ぐ先輩もいました。
自分で自分の能力や性格等を決めてしまうのは、まして、他人から言われてそうだと思ってしまうのは本当にもったいないことだと僕は実感しています。

ただ、僕は意見されても喧嘩をしません。喧嘩にならないのです。周りのその他大勢の人からの意見は、僕も社会人ですからポーカーフェースでよく聞いているふりをしていますが、実は全部聞き流しています。
でも、自分が認める尊敬する人や、大事な人、たとえば奥さんなどから言われたら大喧嘩になります。それは本気で正面から受け止め、自分の中で本当に自分の意見が正しいのか葛藤するからです。でも、結局正しいと思えば強行します。たとえ身内でも、僕は僕、自分の人生ですから。

僕はその他大勢では嫌です。
波風のない、お互いに縛りあっている、うわべだけの仲良しこよしの烏合の衆の中は絶対に嫌です。

常に stand out の自分でありたい。

これは、政治的なことで本題から少し外れているかもしれませんが、僕の大好きな言葉です。

It is dangerous to be right when the government is wrong.
悪い政府の元で、正しくあることは危険だ。
ボルテール

なにか、目からうろこが落ちるというか、そんな気がしませんか?

大人でも自分で解決できない人ばかりですよ。
自分で解決できるのなら、*****さんは素晴らしいと思います。と、さらに元気付けるために、最後にほめておきたいとおもいます ^-^

お仕事お疲れ様でした。
Nako

昨日のLang-8の友達への手紙より 3

Posted by Junichi Kawagoe on 11.2010 My Diary   0 comments   0 trackback
*****さん、深夜に恐れ入ります。

お返事が遅くなってごめんね。

*****さん、若いですね。僕からすればうらやましい限りですが。。。
僕はいつも10歳先輩の人たち、あるいは自分がその年になったときのことを見ています。

そこから見ると、今の自分はずいぶんと若く見えます。
ああ、あの頃、これをしておけばよかった。そうすれば今の自分は、こんなスキルを身に付けているのに。こんな職業に就けているのに。こんな生活をしているのに。。。等々。

何をすべきか、見えてきます。

今、僕が10歳若い人をうらやましがったり、10歳若い自分を思い出し、あの頃これをしていれば、今こうなのに。。。
と 思ってもどうにもなりませんし、時間の無駄だと思います。というのも、年をとればとるほど、僕は忙しくなるし、あせっても来るものだと思っています。だっ て、若い人のように時間があり余っていて映画を見て感性を磨いたり、旅行したり遊んだりしている時間がありませんから。ゴールに近づけば近づくほど、限ら れた時間を必死であまりわき目もふらず走ります。

僕は今とっても急いでいます。本当に、毎日目が回るほど忙しくて仕方ありません。
学生時代のように両親に身の回りのこと一切をゆだねて、勉強その他に集中できませんからね。

仕事をしながら勉強を続けるのは、僕たち社会人にとっては本当に厳しいものです。

毎日飛ぶように時間が過ぎていきます。。。
僕にとっては、周りの目を気にしないのではなく、見えないのかもしれません。耳に届きません。


*****さんは正直ですね。
日記の投稿が多すぎて疎ましがられていたなんて聞き、そう思いました。

*****さんは、*****さんです。僕とは違いますし、みんなとも違います。人それぞれです。ですから、僕の行き方を真似する必要もないし、他人のことも参考にする程度で。

僕は、変わり者だといわれると、勿論褒められたわけではないのですが、いつもひそかに褒められたと感じてほくそえんでいます。本当に変わり者ですね。
だって、みんなと同じということは、その他大勢の中にいるということで、何のために生まれてきたのかと思っていますから。

英語がそうですよね。
stand out as a teacher

stand out...一人離れて立っています。それは。。。
卓越する、傑出する、光彩を放つ、際立つ、顕著になる、頭角を現す
You're standing out like a beacon.
かがり火のように光り輝く存在である。

人と違うことは、褒められるべきことだと思っています。
女性の料理のことを書いてらっしゃいましたが。。。
^-^ ははは、ちなみに、我が家では月のうち、半分は料理を僕が作り、洗濯、ゴミだし、風呂掃除は僕の仕事ですし、毎日料理をふくめ奥さんにボロクソに言われています。

みんな、言わないだけで色々あるんでしょうね。
*****さんは、言えるだけいいことだと思います。
言えない人は、黙ってどこかへ行くか、死んでしまいますから。
僕は、言えない性分かもしれません。

まあ、これは個人的なことですが。
奥さんのお姉さんはある個人事業をしていたのですが、泣きつかれて数百万円を貸したのが数年前。何もかも捨ててどこかへ消えてしまいました。だんなさん、大学生になりたての娘さん、そして、妹である僕の奥さん。それらの縁をすべてその時きって消えてしまいました。
僕にはその気持ちがよく分かります。
僕自身30歳のとき自分の貿易会社がつぶれ、借金とやくざから逃げて、何も荷物がなく、ランニングシャツにスラックス、革靴という恥ずかしい格好で2千円ほどをポケットに数時間電車を乗り継ぎ大阪に逃げてきたのですから。
こ れは余談ですが、その頃半年近く路上で生活をしながら日雇いをしばらく一日も休まず続けました。阪神大震災の復興であの頃猫の手がいるほどの状況だったの も手伝って、親方に見込んでもらい、鳶職になりました。全くの未経験の畑違いの僕が、超高層ビルの花形の鳶として鉄骨の上を歩いていました。そして、7年 目に、気がついたら(本当に気がついたらという感じですが)名古建工という建設会社の代表として(派遣ですが)25人の職人を抱えていました。

でも、今は元の夢であった貿易の仕事に戻っています。考えてみれば、二十代の時初めて自分の会社として取引したのもフィリピン産のものでした。あの時、今の奥さんと知り合っていれば。。。と強く思いますが。。。

また、話が長くなりました T_T
(^_-)-☆ また、手紙くださいね。

Nako

昨日のLang-8の友達への手紙より 2

Posted by Junichi Kawagoe on 10.2010 My Diary   0 comments   0 trackback
*****さん

ははは。僕も全く同じで、英語を勉強しだしてからはますます一人遊びに拍車がかかり、英字新聞や、ここでの外国の方との交流にはまっています ^-^

僕も昔は評判を気にして、相当八方美人の些細なことを気にする性分でした。
でも、今は全く正確が変わり周りが全く気にならなく、もっとひどく言えば、他人がどうなろうと自分をどう思おうと関係なくなりました。
ついでに怖いものもなくなり、仕事柄、よく「やくざ」と呼ばれる類の人とも喧嘩をします。西成警察にいつもお世話になっている知り合いがいるのでバックの備えもあります。
昔、やくざに追い回されていたのがうそのようです。

ブログの女性の記事は僕自身のことです。
僕はほとんど会社に勤めたことがなく、自分自身で色々やって生きてきたので、自身の会社の倒産や裏切りにあったり、反対に裏切ったりとドロドロした中でもがいてきました。でも、今となっては懐かしく、あの頃はそれを楽しんでいたような気がします。
そして今の図太い?自分になりました。

実は、僕の年齢はもう45歳になります。
最近思うのですが、やっと自分というものが出来、分ってきた多様に思います。

*****さんが元気でたようなので。。。
OK、また日記の投稿、添削、続けましょうか。
*****の英語の先生になりたい夢、わかります。多かれ少なかれこのサイトにいる方々は、みんな思ったことがあると思います。
僕の夢は。。。
まだ、この年で夢があります。
現在、フィリピン人の方々に翻訳の仕事もしていますが、もっともっとその関係の仕事を広げていきたい。

昨日のLang-8の友達への手紙より

Posted by Junichi Kawagoe on 09.2010 My Diary   0 comments   0 trackback
*****さん。
こんばんわ、ちょっと久しぶりですね。
パソコンの調子が悪く格闘していました。数日ぶりに日記も投稿して、さとこさんを覗いてみたらとても落ち込んでいらっしゃるようなので驚いています。
*****さんは、いつも前向きで、熱心で、ポジティブな方だと思っていましたので。

なにか心が深く傷つくようなことがありましたか?
僕は別に悲観論者ではありませんが、僕も人は基本的に個人個人、たとえ親でさえ別々のもので、つまるところ孤独なものだと思っています。ただ僕の場合、ちょっとみんなと違うかもしれないところは、孤独が好きなところかもしれません。

飲みにいくのも大抵は一人ですし、カウンター越しの女の子にもほとんど話しません。別に恥ずかしいわけでもないし、話したいときは話しかけます。全く気を使うことがありません。
車も好きで、よくドライブに出かけましたが一人のことも多かったです。
つまり、マイペースなんだと思います。こういう感じなので、よく人に追いかけられるほうです。逆にうるさいので逃げ回っているような。。。

自分のことばかり書いてすみません。
ただ、さっきも言った様に、結局自分で何かを見つけなければならないのだと思います。まして、このような場所でお互い顔も知らないもの同士、本気で心配してくれているのかも疑問です。

時々、僕は人から冷たいとか自分のことしか考えていないと言われます。
もともとナイーブで感受性の強いほうだった僕は、いろいろありました。ただ、今、こうなっているんです。心臓に毛が生えたというか、図太くなってしまいました。その分、自分自身を毎日純粋にただ楽しめるようになりました。このLang-8も楽しくて仕方ありません。

この数日の *****さんの日記を読んでもっと驚いたのは、このような公の場所の不特定大多数の中で、こうもはっきり自分の気持ちを洗いざらい、ある意味攻撃的に見せることが出来る、*****さんの日記に目を奪われました。
きっと *****さんは他人以上に、とてもとても感受性が高く、しかも真正直な方なのではないでしょうか。
僕はそういう印象を受けましたし、あなたによりいっそう興味も覚えました。

僕には気の利いた、元気づけるような言葉もあまりありませんが、みんな多かれ少なかれ、いいえ、きっと沢山抱えて生きているのだと思います、何かを。それを言うか言わないかだけで、それを大きな声で言えるあなたはある意味すごい事なのかもしれませんね。

何か、*****さんじゃなければならない、出来ない、何かあると思います。自分でもわかっていると思います。

縁についてですが、何かに打ち込み、または、耐えている人には必ずその時が来ます。これは僕の個人的な考え方ですが、縁のない人、離れ行く人にはしがみつかないことです。僕が冷たいと言われることなのかもしれませんが、同姓異性にかかわらず依存しないことです。自分自身のしたいことで忙しい毎日を過ごすことです。やりたいことが一杯で、とても一日が短すぎて、いらいらするほどの毎日です。
他人の中に生きがいを見つけないことです。自分自身の何か生きがいを見つけることです。自分自身を大切にすることです。

女性であれば、お嫁さんになる夢というのも、とてもよく分かります。
でも、自分自身の中に自分に対する夢を持つのはもっと楽しいような気がします。

昔、僕に全人生を依存してくれていた女性がいました。でも、事情があって僕はそれに答えることが出来ませんでした。
その後のその女性の最後の行き方を見ました。

http://junichikawagoe.blog109.fc2.com/blog-entry-831.html

*****さんには、もっとアグレッシブに、そのままジャンジャン文句を言いながら生きてほしいです。
日記の投稿が多いと嫌われる。そうかもしれません。でも、多すぎれば見たい分しか見ないでしょうし、それでいいんじゃないでしょうか。書きたければ書く。疲れれば一週間突然止める等、自分のやりたいように。他人の評価、目はとくにこのような場所で、全く関係ないと僕は思っています。
長くなりましたが、いや、本当にすごく長くなりました。ごめんなさい (ノ_・、)
僕はやっぱり冷たいですか?
 HOME 

各英語のお部屋 Categories

全記事表示 Show all entries

プロフィール Profile

Junichi Kawagoe

chiisai-sozai-324.gif SBI Business PROFILE
chiisai-sozai-324.gif Self-introduction 自己紹介

Author:Junichi Kawagoe
Nickname: Nako

マイツイッター My Twitter



フェイスブック Facebook

カレンダー Calender

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索 Serch on My Blog

ご訪問者数 Number of Visitors

QRコード

QRコード