FC2ブログ

Nako's WEBSITES

Please click below to enter into my website!
   
Hi Japanese friends and peoples from other countries!
How are you getting along with English & Japanese? I do hope that this website would be one of nice places for someone making an effort to improve English and having interest in Japanese culture. I would be more than happy to be of service to you ♪
Please enjoy a pleasant time together with me!!
  
(^_-)-☆ 下記をクリックしてお入りください。
現在、英語力を向上しようと努力をしている方々、日本文化に興味がある外人さんのお役に立てれば嬉しいです♪
Nako's Websites

Today's 英字新聞 翻訳、解説

英字新聞をすらすらと読めるようになりたい!
Please click to enter!

WELCOME TO JAPAN

INTRODUCING JAPANESE AND CULTURES
Please click to enter!

Cited an article today I attracted

Posted by Junichi Kawagoe on 30.2010 雑記帖 Notebook   0 comments   0 trackback
How to Train the Aging Brain
( New York Times )

Many longheld views, including the one that 40 percent of brain cells
are lost, have been overturned. What is stuffed into your head may
not have vanished but has simply been squirreled away in the folds of
your neurons.

One explanation for how this occurs comes from Deborah M. Burke, a
professor of psychology at Pomona College in California. Dr. Burke
has done research on “tots,” those tip-of-the-tongue times when you
know something but can’t quite call it to mind. Dr. Burke’s
research shows that such incidents increase in part because neural
connections, which receive, process and transmit information, can
weaken with disuse or age.

But she also finds that if you are primed with sounds that are close
to those you’re trying to remember ─ say someone talks about cherry
pits as you try to recall Brad Pitt’s name ─ suddenly the lost name
will pop into mind. The similarity in sounds can jump-start a limp
brain connection. (It also sometimes works to silently run through
the alphabet until landing on the first letter of the wayward word.)


古くなった脳の鍛え方
( New York Times )

多くの定説の中には脳細胞の40%は失われるというのもあるのだが、これらの
説が打ち消されている。頭の中に詰め込まれたものは消えてしまうのではなく、
ニューロンの襞の中に隠されているだけではないかという。

この仕組みを説明する一人がカリフォルニア州ポモナ・カレッジの心理学教授
デボラ・バーク氏だ。バーク博士はいわゆる「喉まで現象」、分かっているの
にはっきりと思い出せない現象を研究している。博士によれば、この現象が増
える原因の一つは、情報を受容し、処理し、伝達する神経結合が不使用や加齢
によって弱くなるからだ。

だが、博士のもう一つの発見によれば、思い出そうとしているものに近い音 
─例えば、ブラッド・ピットの名前を思い出そうとしているときに、誰かが口
にしたチェリー・ピット(さくらんぼの種)という音─ が加えられると、そ
れまで失われていた名前が頭にひょいと浮かぶことがある。音の類似性によっ
て、弱った脳の結合が活性化されるという。(場合によっては、声を出さずに
アルファベットを読み上げて、へそ曲がりな単語の最初の文字に辿り着くまで
待ってもいい)
スポンサーサイト




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://junichikawagoe.blog109.fc2.com/tb.php/359-ab90e34e

各英語のお部屋 Categories

全記事表示 Show all entries

プロフィール Profile

Junichi Kawagoe

chiisai-sozai-324.gif SBI Business PROFILE
chiisai-sozai-324.gif Self-introduction 自己紹介

Author:Junichi Kawagoe
Nickname: Nako

マイツイッター My Twitter



フェイスブック Facebook

カレンダー Calender

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索 Serch on My Blog

ご訪問者数 Number of Visitors

QRコード

QRコード