FC2ブログ

Nako's WEBSITES

Please click below to enter into my website!
   
Hi Japanese friends and peoples from other countries!
How are you getting along with English & Japanese? I do hope that this website would be one of nice places for someone making an effort to improve English and having interest in Japanese culture. I would be more than happy to be of service to you ♪
Please enjoy a pleasant time together with me!!
  
(^_-)-☆ 下記をクリックしてお入りください。
現在、英語力を向上しようと努力をしている方々、日本文化に興味がある外人さんのお役に立てれば嬉しいです♪
Nako's Websites

Today's 英字新聞 翻訳、解説

英字新聞をすらすらと読めるようになりたい!
Please click to enter!

WELCOME TO JAPAN

INTRODUCING JAPANESE AND CULTURES
Please click to enter!

お肌をビックリさせてキレイにしましょう

Posted by Junichi Kawagoe on 24.2010 健康、美容 Health, Beauty   0 comments   0 trackback
なんのことかといいますと、韓国の冬はとっても寒いですよね。
北海道にほぼ近いー12°Cだそうです。今の時期。
これがお肌にとてもいいというのが判明しました。


以前、あるテレビ番組でも徹底分析をしましたが、
肌にはいつも同じ温度がいちばん良くないんだそうです。
急激に寒かったり、急激に熱かったりするのが
肌にはとてもいいという話なんです。


なぜかというと、美顔の先生にも話を伺ったんですが、
美顔クリニックでは肌を若返らせるために、
肌に光を当てるんですね。
表面では感じない光なんです。


真皮層の奥に寒さが当たったかのような刺激を与えるんだそうです。
熱い刺激と冷たい刺激をそれをくり返すんだそうです。
これが感じないくらい低周波であてることで
肌の真皮層の肉質がビックリして縮まってしまうんですね。


先生の話で例えると「しゃぶしゃぶ」だったんです。
「しゃぶしゃぶを考えてください」
しゃぶしゃぶは熱いお湯に入れると縮まりますよね。
温度差で縮まることがタンパク質の性質なんですって。
この性質を利用してこれと同じくらい低周波を真皮層に送って
肌を若返らせる方法をいま使っているんだそうです。


これと同じ原理でつくったエステ器具を使ったことがあるんですね。
肌にステンレスのような平べったい丸いものをスイッチを入れてあてると
最初はすごい氷のように冷たいんです。
で、次の瞬間いきなり熱く変わるんですね。でこれの繰り返し。
これを午後とかにフェイスラインに何度か充てていくことで
やっぱり肌が引き締まったんです。ぎゅっとリフトアップしたんですね。


オードリーヘップバーンもこの美容法を使っていたということです。
彼女はシャワーを浴びる時に、すっごい冷たい水で浴びて
その次はすごい熱いお湯を浴びたりして、
これを繰り返してやったということです。


このように肌には温度の刺激というのが
肌を若返らせるんだそうです。

韓国だと部屋の中はものすごく暑いんですね。
真冬でも部屋の中は34°C以上あるから
外との気温差が30°Cくらいですよね。


部屋の中では袖無しで、もう窓を開けてもいいくらい暑くしていて
出たらこれはもう、すごい強い風に肌がなんていうか
肌の表面の感覚がなくなるくらい、顔が凍ってしまうんですね。


これはわたしが韓国にいた時は何度も経験しましたが、
耳とかほほとか顔の感覚がなくなります。
だけど、中に入ると、ファっと解けて。
これの繰り返しが1日何度もやる毎日でしたので、
これが肌の若返りにとてもいいという話があちこちからあって


「ああ、なるほどなあ、わたしもそうだったなあ」と
思いながらいまやっていますが、


これを日本では冬でもそんなに雪が降るわけでもないし、
東京はそんなに寒くないので
肌に顔だけでもいいので似たような環境を作ってあげて
びっくりさせてあげれば、けっこう肌が引き締まります。


オードリーヘップバーンの話でもありましたが
洗顔のとき、全部洗ったあと最後に
すっごい冷たい水。最近は凄く冷たいです。
これでなんどかすすぐ。


あと、外に出る時は顔は出して外の風に当たる。


こういうことを気にしながらやっていくと
いいと思うんですね。


冷たいおしぼりをほほにぐーっとあてるとか
そうすることで肌がとても引き締まるので、
本当に一度やってみてください。


洗顔の時、最後に冷たい水をバァーっとかける。
熱いお湯と交互に繰り返しのがいいです。
洗面器に熱いお湯をおいて、冷たい水をおいて。
まず、冷たい水からやった方がいいです。
熱いお湯からやると肌の毛穴が緩むので、まず冷たい水から洗う。


本当は氷水がいちばんいいですけど、辛いですよね。
でも頑張りたい方は氷水でガーっと一度洗って
その次に横に用意しておいた熱いお湯でバッとやる。
そうするとその瞬間は感覚がなくなると思うんですね。
これを5回くらい繰り返してみてください。


冷たい→熱い→冷たい→熱い→冷たい→熱い→冷たい→熱い→冷たい


で、最後は冷たいで締め。


そうすれば、肌がぜんぜん違うんですね。
うん、これはわたしもビックリしました。
ぜひやってみてください。


この刺激は夏ももちろんいいし、一年中やることによって
逆にパックとか要らないと思うんですよ。


韓国の女性はパックはあまりしないですね。
きゅうりパックくらいで。
パックを一生懸命はやらないです。


外があまりにも寒いので。
外に出ただけで顔の皮膚の表面を触っても感覚がなくなるというくらい寒い。
口も凍ってしまうくらい寒いんですよ。


そんな寒い中小さい頃、スケートをやっていたんですけどね。


その寒さがかえって肌にとっても良かったということが
ちょっと面白いです。


「温度差の刺激で肌を若返らせる」
スポンサーサイト




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://junichikawagoe.blog109.fc2.com/tb.php/311-74b183ae

各英語のお部屋 Categories

全記事表示 Show all entries

プロフィール Profile

Junichi Kawagoe

chiisai-sozai-324.gif SBI Business PROFILE
chiisai-sozai-324.gif Self-introduction 自己紹介

Author:Junichi Kawagoe
Nickname: Nako

マイツイッター My Twitter



フェイスブック Facebook

カレンダー Calender

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索 Serch on My Blog

ご訪問者数 Number of Visitors

QRコード

QRコード