Nako's WEBSITES

Please click below to enter into my website!
   
Hi Japanese friends and peoples from other countries!
How are you getting along with English & Japanese? I do hope that this website would be one of nice places for someone making an effort to improve English and having interest in Japanese culture. I would be more than happy to be of service to you ♪
Please enjoy a pleasant time together with me!!
  
(^_-)-☆ 下記をクリックしてお入りください。
現在、英語力を向上しようと努力をしている方々、日本文化に興味がある外人さんのお役に立てれば嬉しいです♪
Nako's Websites

Today's 英字新聞 翻訳、解説

英字新聞をすらすらと読めるようになりたい!
Please click to enter!

WELCOME TO JAPAN

INTRODUCING JAPANESE AND CULTURES
Please click to enter!

スポンサーサイト

Posted by Junichi Kawagoe on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癌の基礎知識: 肝ガンの治療

Posted by Junichi Kawagoe on 23.2010 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback


【 肝ガンの治療 】


 肝切除、肝動脈塞栓術、穿刺療法の3療法が中心になります。この他に、放
 射線療法や化学療法(抗がん剤投与)がありますが、放射線療法は骨に転移
 した時など対象が限られており、化学療法は効く確率が低く、効果があまり
 期待できないようです。


 1.肝切除

  肝切除は、ガン部を含めて肝臓の一部を切りとる方法です。
  利点は、「ガンを治す」という効果が一番確実なことです。欠点は、ガン
  の治療のためとはいえ身体に傷をつけ、合併症も少なからずあり、手術に
  起因する死亡が1~2%あることです。
  肝切除となるには、いくつかの条件があります。体力的には日常生活のす
  べてを他人の介助なくできる体力が必要なこと、肝機能的には強い自覚症
  状がなく腹に水がたまる(腹水)ことや黄疸がないことなどです。


 2.肝動脈塞栓術

  肝動脈塞栓術とは、ガンに酸素を供給している血管を人工的にふさぎ込み
  ガンを窒息させる治療法です。具体的には、大腿部(ふともも)のつけ根
  の部分にある大腿動脈へカテーテルを差し込み、先端を肝動脈へ進めま
  す。
  このカテーテルを通じて、ゼラチン・スポンジを2、3mm角大に細かくし
  たものやその他の薬剤を注入し、肝動脈を詰まらせてしまいます。
  1回の治療に要する入院期間は1週間程度と短く、副作用としては腹痛・
  吐き気・食欲不振・発熱などがありますが、2、3日でおさまります。
  退院後は1~2週間ほどで社会復帰が可能です。
  ただし、完全に治ってしまう確率はあまり高くありませんので、繰り返し
  行ってがんを抑え込んでいくというかたちになります。


 3.穿刺療法

(1) 経皮的エタノール注入療法

経皮的エタノール注入療法とは、純アルコールを肝がんの部分へ注射
    して、アルコールの化学作用によりがん組織を死滅させる治療法で
    す。
    超音波検査でがんの正確な場所にねらいをつけて注射をします。した
    がって、超音波でよく見えない場合はアルコール注射が安全かつ十分
    にできないこともあります。
    一般にがんの大きさは3cmより小さく、がんの個数は3個以下がこの
    治療の対象とされています。
    がんの大きさ・数などの制限があることやがんの一部が残ってしまう
    危険性があるという欠点はありますが、比較的手軽に行うことができ
    身体に与える副作用が少なく、短期間で社会復帰できるという利点が
    あります。

  (2) ラジオ波焼灼療法及びマイクロウエーブ凝固療法

これら2つの治療も、超音波検査のガイドにより、特殊な針を体外か
    ら肝がんへ差し込みます。通電することによりその針の先端部分から
    熱が発生します。熱の温度はラジオ波が摂氏100度程度、マイクロウ
    エーブで300度程度です。これらの治療法も小型肝がんが対象となり
    ます。やはり2cm以下の場合が絶好の適応です。


 4.肝ガンの治療後

  肝ガンの原因は、大部分が肝炎ウイルスです。肝ガンの治療は、その原因
  である肝炎ウイルスまで根絶するものではありません。そのため、2度目
  の肝がんが発生することもあります。再発を防止する方法については、い
  ろいろな試みがなされています。しかし、確実なものは、まだないそうで
  す。
  したがって、肝がんの治療がいったん完了しても、定期的なチェックが必
  要になります。



今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://junichikawagoe.blog109.fc2.com/tb.php/1949-a5a4c013

各英語のお部屋 Categories

全記事表示 Show all entries

プロフィール Profile

Junichi Kawagoe

chiisai-sozai-324.gif SBI Business PROFILE
chiisai-sozai-324.gif Self-introduction 自己紹介

Author:Junichi Kawagoe
Nickname: Nako

マイツイッター My Twitter



フェイスブック Facebook

カレンダー Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索 Serch on My Blog

ご訪問者数 Number of Visitors

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。