Nako's WEBSITES

Please click below to enter into my website!
   
Hi Japanese friends and peoples from other countries!
How are you getting along with English & Japanese? I do hope that this website would be one of nice places for someone making an effort to improve English and having interest in Japanese culture. I would be more than happy to be of service to you ♪
Please enjoy a pleasant time together with me!!
  
(^_-)-☆ 下記をクリックしてお入りください。
現在、英語力を向上しようと努力をしている方々、日本文化に興味がある外人さんのお役に立てれば嬉しいです♪
Nako's Websites

Today's 英字新聞 翻訳、解説

英字新聞をすらすらと読めるようになりたい!
Please click to enter!

WELCOME TO JAPAN

INTRODUCING JAPANESE AND CULTURES
Please click to enter!

スポンサーサイト

Posted by Junichi Kawagoe on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日友人に送ったメール

Posted by Junichi Kawagoe on 27.2010 My Diary   0 comments   0 trackback
正直言ってそれほど英語力、英会話力があるとは自分では思っていませんが、僕の場合は独学です。

英会話を経営しているアメリカ人も知り合いにいますが、一度も通ったことがありません。学生時代は英語が全くだめでした。いい先生に出会ったことがないからなのか、人から教わるのが本当に嫌いなのです。

英会話に関しては、周りが奥さんを含めほとんど外人ですが、英語は必要でない限りほとんど話しません。何度も言うように、英字新聞やBBC放送などから情報を得るのは毎日の日課ですので、その辺が手助けになっているのかな、と思っています。

僕の経験上からも思えば...
よく言うように、好きなことを英語に結びつけるのはとても大事なことのように思います。
僕の場合は、英語ニュースソースにいつも触れていることと、沢山持っている自作の英語関連ブログを更新したり、ネイティブからのメールやコメントにお返事したり...それが趣味のようなもので、とても楽

*****さんの気持ちはとても分かっているつもりです。

僕は、基本は変わらないのかもしれませんが、以前はこのような性格ではありませんでした。親がそういうのですから、確かにそうなんでしょう。

すごい「引っ込み思案」でコンプレックスの塊でもありました。自分に自信が持てず、いわゆる自己嫌悪に長く悩まされたようにも思います。今から思えばいじめに遭っていても不思議はなかったのですが、小学生時代から空手をやっていたのが幸い救いになっていたようです。

仕事が人を変えるのもまた事実だと思います。
仕事にもまれ、人間関係にもまれ、嫌な思いも沢山しました。そうしているうちに今の自分が出来ていました。そして、今の自分はとても好きです。

こうやって、メールをやり取りしだしてもう結構になると思いますが、*****さんがその中で何か見い出してくれたなら、そして今後とも何かを見つけてくれるのなら、このメールの交換は本当に意味のあることだと思います。僕にとっても嬉しいです。
ただ、もし何も影響を与えることが出来ないのであれば、必要のないことだと思います。もっと他に時間を割くべきだと思います。

僕は*****さんとのおしゃべりの中で、自分自身に重ねて沢山考えさせていただき、得るものがあったと思っています。

友 達とはそういうところから自然と出来るもので、作ろうと思って出来るものでもないと僕は思います。友達 = 影響力。だと思っています。何もお互いに、又は片方にしか影響力を及ぼさない関係であれば、それは単なる知り合いと言うことでしょうし、深い話を打ち明け る必要はないと考えます。また、そうすべきではないと思います。

以前ブログに載せた言葉を探し出しました。こういう言葉があります。

Don't tell your problems to people: 80 percent don't care; and the other 20 percent are glad you've got them.

自分の抱えている問題を人に話してはいけない。 80パーセントは無関心だし、後の20パーセントはあなたが問題を抱えていることに喜ぶだけだ。
ルー・ホルツ(アメリカ/元フットボールコーチ)

僕は、この言葉に出会う前から堅く心に誓って実践していたので出会ったときは何か感動でした。
実際、成人してからは親兄弟に対してもそうすべきだと僕は思ってきました。
ただ...奥さんには違います。弱いところをどうしても見せてしまいます。
友人ならどうなんでしょう...

*****さんが僕に対して今後、どう接してくれるかが大事なところだと思います。ただ、毎日起こったことを日記のようにメールに乗せて送ってくれるのか、それとも他の考えがあるのか。と考えています。

とても長いメールになってしまいました。

今日あたりから大阪は夜がとても冷えます。
そちらはこちら以上だと思いますので、風邪ひかないように気をつけてください。

Nako
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://junichikawagoe.blog109.fc2.com/tb.php/1723-4299ae5d

各英語のお部屋 Categories

全記事表示 Show all entries

プロフィール Profile

Junichi Kawagoe

chiisai-sozai-324.gif SBI Business PROFILE
chiisai-sozai-324.gif Self-introduction 自己紹介

Author:Junichi Kawagoe
Nickname: Nako

マイツイッター My Twitter



フェイスブック Facebook

カレンダー Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索 Serch on My Blog

ご訪問者数 Number of Visitors

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。