Nako's WEBSITES

Please click below to enter into my website!
   
Hi Japanese friends and peoples from other countries!
How are you getting along with English & Japanese? I do hope that this website would be one of nice places for someone making an effort to improve English and having interest in Japanese culture. I would be more than happy to be of service to you ♪
Please enjoy a pleasant time together with me!!
  
(^_-)-☆ 下記をクリックしてお入りください。
現在、英語力を向上しようと努力をしている方々、日本文化に興味がある外人さんのお役に立てれば嬉しいです♪
Nako's Websites

Today's 英字新聞 翻訳、解説

英字新聞をすらすらと読めるようになりたい!
Please click to enter!

WELCOME TO JAPAN

INTRODUCING JAPANESE AND CULTURES
Please click to enter!

スポンサーサイト

Posted by Junichi Kawagoe on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【執着心。】

Posted by Junichi Kawagoe on 10.2010 英語上達法 Improving Our English   0 comments   0 trackback
本日届いたメルマガよりご紹介いたします
1kb-sozai-067.gif  ご登録は: 英たの



【「英たの」五箇条】
第一箇条:「楽しいから身につく。好きだから身につく」
第二箇条:「やり方にこだわらない」
第三箇条:「学ぶのではなく感じる」
第四箇条:「評価しない。競わない」
第五箇条:「強制しない」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【執着心。】

学校での成績がよかった人ほど、学校で習ったやり方にこだわります。

それが楽しくて、英語が身についているのならそれでいいのです。

けれども、学校のやり方で英語が身につかなかった人や、苦手意識を持って
いる人までが、学校で習ったやり方に執着する必要はまったくありません。

学校を卒業してから、中学校の文法を一からやり直すという必要はない
のです。

そういう人ほど、苦手だったのに学校英語に執着しているのです。

私は、学校で習ったやり方は捨てました。

捨てることで、自分なりのやり方を発見することができました。

捨てるには、勇気が要ります。

「もったいない」と思うかもしれません。

でも、捨てるからこそ、得られるものがあるのです。

私は、捨てることで、純粋に英語と接する楽しさを得ました。

あなたは、捨てることで、何が得られるでしょうか。


【「英たの」実践のために(312)】

まずは、捨ててみよう。
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://junichikawagoe.blog109.fc2.com/tb.php/1327-24383350

各英語のお部屋 Categories

全記事表示 Show all entries

プロフィール Profile

Junichi Kawagoe

chiisai-sozai-324.gif SBI Business PROFILE
chiisai-sozai-324.gif Self-introduction 自己紹介

Author:Junichi Kawagoe
Nickname: Nako

マイツイッター My Twitter



フェイスブック Facebook

カレンダー Calender

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索 Serch on My Blog

ご訪問者数 Number of Visitors

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。