FC2ブログ

Nako's WEBSITES

Please click below to enter into my website!
   
Hi Japanese friends and peoples from other countries!
How are you getting along with English & Japanese? I do hope that this website would be one of nice places for someone making an effort to improve English and having interest in Japanese culture. I would be more than happy to be of service to you ♪
Please enjoy a pleasant time together with me!!
  
(^_-)-☆ 下記をクリックしてお入りください。
現在、英語力を向上しようと努力をしている方々、日本文化に興味がある外人さんのお役に立てれば嬉しいです♪
Nako's Websites

Today's 英字新聞 翻訳、解説

英字新聞をすらすらと読めるようになりたい!
Please click to enter!

WELCOME TO JAPAN

INTRODUCING JAPANESE AND CULTURES
Please click to enter!

【使う。】

Posted by Junichi Kawagoe on 27.2010 英語上達法 Improving Our English   0 comments   0 trackback
本日届いたメルマガよりご紹介いたします
1kb-sozai-067.gif  ご登録は: 英たの



【「英たの」講演がダウンロードできます。】
http://www.mag2market.com/profile/872/

【「英たの」五箇条】
第一箇条:「楽しいから身につく。好きだから身につく」
第二箇条:「やり方にこだわらない」
第三箇条:「学ぶのではなく感じる」
第四箇条:「評価しない。競わない」
第五箇条:「強制しない」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【使う。】

「英語を使う」という表現をすると、多くの人は「英語をしゃべる」ことを
想定します。

けれども、「英語を使う」とはそれだけではありません。

読むことも聴くことも書くことも、「英語を使う」ことです。

ただし、ここに注釈がつきます。

「生きた英語」でなければ使ったとは言いません。

英語教材を読むとか聴くというのは、「使う」という行為ではありません。

都合よく加工されたものに触れているだけです。

それは、「勉強する」という行為です。

「授業のペアワークでしゃべる」というのも「生きた英語」ではありません。

「英作文をする」というのも「生きた英語」ではありません。

書かれていることや話されていることの中身を知りたいから英語に触れて
いるのが、「使う」です。

伝えたいことがあるからしゃべったり書いたりするのが、「使う」です。

英語の勉強のために英語を操作していることを、「使う」とは言わないのです。


【「英たの」実践のために(306)】

英語を使おう。
スポンサーサイト




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://junichikawagoe.blog109.fc2.com/tb.php/1230-de3990ff

各英語のお部屋 Categories

全記事表示 Show all entries

プロフィール Profile

Junichi Kawagoe

chiisai-sozai-324.gif SBI Business PROFILE
chiisai-sozai-324.gif Self-introduction 自己紹介

Author:Junichi Kawagoe
Nickname: Nako

マイツイッター My Twitter



フェイスブック Facebook

カレンダー Calender

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索 Serch on My Blog

ご訪問者数 Number of Visitors

QRコード

QRコード