FC2ブログ

Nako's WEBSITES

Please click below to enter into my website!
   
Hi Japanese friends and peoples from other countries!
How are you getting along with English & Japanese? I do hope that this website would be one of nice places for someone making an effort to improve English and having interest in Japanese culture. I would be more than happy to be of service to you ♪
Please enjoy a pleasant time together with me!!
  
(^_-)-☆ 下記をクリックしてお入りください。
現在、英語力を向上しようと努力をしている方々、日本文化に興味がある外人さんのお役に立てれば嬉しいです♪
Nako's Websites

Today's 英字新聞 翻訳、解説

英字新聞をすらすらと読めるようになりたい!
Please click to enter!

WELCOME TO JAPAN

INTRODUCING JAPANESE AND CULTURES
Please click to enter!

Daily Report

Posted by Junichi Kawagoe on 08.2010 Today in History / Daily Report   0 comments   0 trackback
 Tursday, July 8, 2010

 ( Weather )  Fine
 ( wind )  Nothing
 (Temperature )  I didn't feet hot that much indoors

ya_04.gif  MY WEBSITE マイ HP: ENGLISH & JAPANESE Please Click.
======================

【Today's business hours】

Open: 
Close: 
----------------------

【Today's task finished】


----------------------

【Today's incident】

Bessie's evening shift part-time job:  Holiday
----------------------

【Private incident】


----------------------


【Self-reflection】



======================

【Tomorrow's plan】

Routine work
Etc.
======================

【Note】

スポンサーサイト



自動詞と他動詞

Posted by Junichi Kawagoe on 08.2010 ☆自動詞と他動詞 (in)transitive verb   0 comments   0 trackback
☆自動詞と他動詞  Intransitive Verb / Transitive Verb

自動詞・他動詞を間違えると何が問題か

ここでは自動詞・他動詞を間違いやすい動詞を整理しておきたいと思いますが、その前に、まずその意義を理解しておきましょう。自動詞と他動詞を間違えるといったい何が問題なのでしょうか?

自動詞は目的語を取りませんので、主語の後に自動詞を置けばそれで文が成り立ちます。例えば、

  • I slept.
    (私は寝た。)

という文が成り立つと言うことです。しかし、他動詞は必ず目的語を伴います。例えば以下のような文は間違いです。

  • We discussed. ←間違い
    (我々は議論した。)

日本語にすると特に問題がないように思えてしまいますが、discussという単語は必ず他動詞として使われ、常に目的語を伴います。ですから上の文は間違いということになります。正しくは、

  • We discussed the matter.
    (我々はその問題を議論した。)

のように、必ず目的語(何を議論したのか)を置かなくてはなりません。

逆に、自動詞は目的語を取りませんので、自動詞でしか使われない動詞の後ろに目的語を置くことは出来ません。例えば、

  • He graduated the university of Tokyo. ←間違い
    (彼は東京大学を卒業した。)

という文は間違いです。graduateは必ず自動詞として使われるので、目的語を取ることが出来ません。ですから正しくは

  • He graduated from the university of Tokyo.
    (彼は東京大学を卒業した。)

と前置詞fromを付ける必要があります。

このように、自動詞と他動詞を混同してしまうと、目的語が必要な他動詞で目的語を置かなかったり、目的語を取れない自動詞に目的語を置いてしまった りして、おかしな文になってしまいます。場合によっては意味が違ってきます。ですから自動詞と他動詞をきちんと区別して使う必要があるのです。

多くの単語は自動詞としても他動詞としても使われますが、いくつかは自動詞しかなかったり、他動詞しかなかったりします。


018.jpg

pickup-ani06.gif 自動詞と間違えやすい他動詞の例:

他動詞)discuss   -討論する
  • (誤)   We discussed about the matter.
  • (正)   We discussed the matter.
  • その件に関して話あった。

他動詞)resemble   -似ている
  • (誤)   She resembles with her mother.
  • (正)   She resembles her mother.
  • 彼女はお母さんに似ている。

他動詞)marry   -結婚する
  • (誤)   My sister married with a singer.
  • (正)   My sister married a singer.
  • 妹は歌手と結婚した。

他動詞)approach   -近づく
  • (誤)   A stranger approached to me on the train.
  • (正)   A stranger approached me on the train.
  • 汽車で見知らぬ人が私に近づいてきた。

他動詞)enter   -入る
  • (誤)   Everybody entered into the room.
  • (正)   Everybody entered the room.
  • 誰もが 部屋に入った。

他動詞)attend   -出席する
  • (誤)   Many people attended to the funeral.
  • (正)   Many people attended the funeral.
  • たくさんの人が葬式に参加した。

他動詞)reach   -到着する
  • (誤)   We reached to our destination at last.
  • (正)   We reached our destination at last.
  • 私たちは ついに目的地に着いた。

他動詞)answer   -答える
  • (誤)   Please answer to my question.
  • (正)   Please answer my question.
  • 私の質問に答えて下さい。

他動詞)consider   -考える
  • (誤)   You should consider about other options.
  • (正)   You should consider other options.
  • 他の選択肢も考えなくてはいけない。



引用させていただいたサイト様: Toeic Now ライト外語スクール ありがとうございました。

全体総正解率: (48.11%) │■解析対象人数: (185人)

Posted by Junichi Kawagoe on 08.2010 英文法等 Grammatical Topics   0 comments   0 trackback
今朝届いたメルマガより引用させていただきました。
1kb-sozai-067.gif 英語の問題を毎日1問解こう♪



A welcome meeting was held ( ) honor of Mr. Smith.
───────────────────────────────────
1.to
2.in
3.on
4.at
───────────────────────────────────


     ↓↓↓↓
     ↓答え↓
     ↓↓↓↓




     ↓↓↓↓
     ↓答え↓
     ↓↓↓↓


───────────────────────────────────
正解:
(2)in
───────────────────────────────────
解説
───────────────────────────────────
訳:スミス氏に敬意を表して、歓迎会が開催された。

in honor of A
→Aに敬意を表して
 Aを祝して

【文脈で読み解く。】

Posted by Junichi Kawagoe on 08.2010 英語上達法 Improving Our English   0 comments   0 trackback
以前届いたメルマガよりご紹介いたします。



コトバを理解するのに、すべての単語を理解している必要はありません。

「すべての単語がわからないと理解できない」という人は、すべての単語が
わかっても文章の意味は理解できません。

コトバは単語で理解するのではありません。

背景であったり、文脈であったり、人間関係などで決まるものであって、
1つ1つの単語が意味を持っているのではありません。

人間はそういった背景や文脈から相手の意図や文章を理解できるから、
コミュニケーションができるのです。

「すべての単語がわからないと理解できない」という人は、人間の能力を
放棄しているのと同然です。

日本語であなたができることは、英語でもできます。

同じコトバだからです。

あなたが持っている文脈を読み解く力を、日本語と同じように英語でも
生かして下さい。


【「英たの」実践のために(267)】

日本語で知らない単語に会った時にどのように対処しているかを意識しよう。



【「英たの」HP】
http://www.eitano.com/
【「すきだけ」日記】
http://blog.livedoor.jp/good_sheep/
【「すき本」日記】
http://blog.livedoor.jp/sheep_book/
【登録・解除はこちらからできます。】
http://www.mag2.com/m/0000269908.html

Journal 181

Posted by Junichi Kawagoe on 08.2010 Today in History / Daily Report   0 comments   0 trackback
937e4d3c-sya_04.gif TO MY WEBSITE:  マイ ホームページへどうぞ♪



【前日】  【翌日】 

【今日は何の日】7月8日




    質屋の日(各地の質屋組合)、米の日(毎月)

    ▲前年に起きた農民の一揆に脅威を感じた秀吉、刀狩りを発布(1588)
    ▲ポルトガルの探検家のダ・ガマ、アフリカ大陸最南端の希望峰を回る
     ルートを発見すべくリスボンを出航(1497)
    ▲最初の生命保険会社、明治生命保険会社設立(1881)
    ▲東京美術学校に西洋画科が設置される(1896)
    ▲イラクのバスラで世界最高気温58.8℃を記録(1921)
    ▲文部省、「非常時と国民の覚悟」を学校に配布(1933)
    ▲熊本県で、数十年ぶりの干ばつ(1934)
    ▲ウィンブルドンで日・英人組、優勝(1934)
    ▲プロ野球ナイター実況を初めて中継。東京後楽園球場(1950)
    ▲マッカーサー元帥、警察予備隊創設・海上保安庁増員を指令(1950)
    ▲羽田空港に初めてジェット旅客機コメット号(英)着陸(1952)
    ▲労働省が「売春白書」を発表。売春婦は全国で50万人と推計(1955)
    ▲金日成北朝鮮主席死去(1994)
    ▲向井千秋さんが乗るスペースシャトル「コロンビア」打ち上げ成功(1994)

    誕生:ツェッペリン(発明家1838) ロックフェラー(実業家・石油業者1839)
       山田美妙(作家1868) 東山魁夷(日本画家1908) 永島慎二(漫画家1937)
       吉行理恵(詩人1939) 三枝成彰(作曲家1942) 麻生圭子(作詞家1957)
       桜沢エリカ(1963)

    誕生花:みやこ草 (Birdfoot)     花言葉:また逢う日まで



松下幸之助 一日一話

創業者 松下幸之助が生前に語った英知と洞察にあふれることばを、
毎日一話ずつご紹介しています。


欠点を知ってもらう



  上に立つ人は、自分の欠点をみずから知るとともに、それを部下の人たちに知ってもらい、それをカバーしてもらうようにすることが大事だと思う。部下の人が 全知全能でないごとく、上に立つ人とても完全無欠ではない。部下の人よりは欠点は少ないかも知れないが、それでも何らかの欠点を持たないという人はいない だろう。

その欠点多き上司が自分の知恵、自分の力だけで仕事をすすめていこうとすれば、これは必ずといっていいほど失敗するだろう。

 やはり、自分の欠点を部下の人に知ってもらい補ってもらってこそ、はじめて上司としての職責が全うできるのである。

Today's Proverb

Posted by Junichi Kawagoe on 08.2010 本日の英語の名言、ことわざ maxims   0 comments   0 trackback
It is the way we react to circumstances
that determines our feelings.
           Dale Carnegie

状況に対してどう反応するかが、

 

私たちの感情を決めるのである。
           デール・カーネギー

ワンポイント英語講座

determine は「決定する」「規定する」
というような意味です。

feeling は単数形だと日本語の「フィーリング」
と同じように「感じ」という意味ですが、

feelingsと複数形になると「感情」という
意味になります。



本日の引用:
英語の名言・格言・ことわざ
ありがとうございました。
 HOME 

各英語のお部屋 Categories

全記事表示 Show all entries

プロフィール Profile

Junichi Kawagoe

chiisai-sozai-324.gif SBI Business PROFILE
chiisai-sozai-324.gif Self-introduction 自己紹介

Author:Junichi Kawagoe
Nickname: Nako

マイツイッター My Twitter



フェイスブック Facebook

カレンダー Calender

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索 Serch on My Blog

ご訪問者数 Number of Visitors

QRコード

QRコード