Nako's WEBSITES

Please click below to enter into my website!
   
Hi Japanese friends and peoples from other countries!
How are you getting along with English & Japanese? I do hope that this website would be one of nice places for someone making an effort to improve English and having interest in Japanese culture. I would be more than happy to be of service to you ♪
Please enjoy a pleasant time together with me!!
  
(^_-)-☆ 下記をクリックしてお入りください。
現在、英語力を向上しようと努力をしている方々、日本文化に興味がある外人さんのお役に立てれば嬉しいです♪
Nako's Websites

Today's 英字新聞 翻訳、解説

英字新聞をすらすらと読めるようになりたい!
Please click to enter!

WELCOME TO JAPAN

INTRODUCING JAPANESE AND CULTURES
Please click to enter!

スポンサーサイト

Posted by Junichi Kawagoe on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癌の基礎知識: ガンと運動3

Posted by Junichi Kawagoe on 25.2011 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback
【 ガンと運動3 】


 適度の運動が体に良いというのは今までご説明してきましたが、それでは
 具体的にどれぐらいが、適度かと言いますと・・・

 米国の「癌予防15ヵ条」では、「体を動かすことが少ないか、動かしても中
 程度の職種の人は、一日に1時間の速歩か、それに匹敵する運動、さらに週
 に少なくとも合計1時間の活発な運動をする」ことが勧告されています。

 組織の血流を良くして新陳代謝を高めて、ストレスを発散してリフレッシュ
 できる程度の運動(1時間程度)を、体力に合わせて無理のない範囲でゆっ
 たりとしたペースで隔日から毎日程度に行うのが適当ということです。

 しかし、過度の運動はかえって健康を害することも指摘されています。
 運動は急激に大量の酸素を消費するため、多量の活性酸素が体内に発生し、
 体の酸化障害を促進することになります。
 肉体的および精神的なストレスを引き起こすような過度の運動は、NK細胞活
 性などの免疫系の働きを低下させることが知られています。オリンピック選
 手やプロのスポーツ選手は短命であるという説や、最も長寿な職業は僧侶で
 あるという説もあります。
 大学の卒業者で体育系出身者は、文科系や理科系の出身者より平均寿命が短
 いという報告もあります。

 疲労が翌日に残るような過度の運動はガン再発予防の点からは勧められませ
 ん。

 西洋のスポーツは、身体機能を高めることと競技性を重視しており、健康へ
 の寄与は必ずしも高くないようです。過度のスポーツが、活性酸素を増やし
 老化や発癌に促進的に作用する可能性があります。

 東洋医学では動きすぎはかえって気を消耗し、元気がなくなり、病気にかか
 りやすくなってしまうと考えられて、操体術(太極拳など)は、エアロビク
 スのような激しい動きはなく、ゆっくりした動きの運動であり、全身に気や
 血を行き渡らせ、気の流れをよくすることを目的としており、ガン再発予防
 には向いている運動とも言えます。



今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識
スポンサーサイト

癌の基礎知識: がんと喫煙と食事

Posted by Junichi Kawagoe on 25.2011 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback
【 がんと喫煙と食事 】


 喫煙が関係してくるがんは、肺がんだけではないようです。
 食道がんや膵臓がんなど、肺がん以外にも呼吸器にかかわるようながんは多
 くありますし、尿路関係のがんにも強い関係性があると言われています。

 一見関係がないように思われる胃がんや肝臓がんなど、日本人に多いがんに
 ついても、喫煙と関連性があることが、実験などで確認されています。

 また、食事の関連では、例えば、胃がんでは高濃度の塩分(塩辛や漬物)を
 多く摂ることがリスクになります。
 大腸がんに関しては、「運動不足」が大きく影響することが言われていま
 す。

 一方、がんを予防する方法として、野菜・果物、緑黄色野菜を多く摂ること
 が上げられます。

 いろんな意見もありますが、食物繊維が大腸がん予防に効果があると言われ
 ています。

 ただし、がんの原因というのは「これが」というように決められるものでは
 ありません。
 
 たとえ、教科書どおりの「がんにかかりにくい食事」を摂ったとしてもすぐ
 に効果がでるものでもありませんし、例え効果が出るにしても、数年はかか
 ると言われています。

 ただし一般的に言えることは、肥満となるような高いカロリーを摂ることは
 あまり好ましくなく、動物性の食事よりも、植物性の穀物や野菜、果物を多
 く摂るほうが、がんの予防にはなるということは言えると思います。



今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識

癌の基礎知識: がん治療中の食事 / 体温

Posted by Junichi Kawagoe on 16.2011 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback
【 がん治療中の食事 】


 心配や不安などのストレス、手術による後遺症、治療による副作用などさま
 ざまな理由で食欲がなくなります。


 1)栄養バランスよく考えて

 2)ゆっくり時間をかけて

 3)間食も利用して

   疲労回復のためや病気で食事量が少ない方は利用すればいいでしょう。
   ただし、寝る前は胃腸の負担になりますので、寝る前の間食は避けま
   しょう。

 4)消化しやすい食品を

 5)ビタミン・ミネラルも十分に

 摂るようにしたほうがいいでしょう。

 アルコールは各臓器に負担をかけますので、医師と相談の上、許可された場
 合でも、ほどほどにしたほうがいいでしょう。



 【 体温 】


 平均体温が1℃下がると免疫力は約37%下がり、平均体温が1℃上がると免
 疫力は約60%活性化するといわれ、体温は免疫力に影響します。

 風邪をひいたとき熱が出るのも、体温を上げて免疫力を上げようとする防衛
 反応といわれています。

 また、体温が低いと体内の細菌に対する抵抗力が低下し、腸内では悪玉菌や
 有害菌が増殖して様々な病気や感染病の原因にもなってしまいます。



今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識

癌の基礎知識: 嘔気・嘔吐 おうき・おうと

Posted by Junichi Kawagoe on 15.2011 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback
【 嘔気・嘔吐 おうき・おうと 】


 1.原因

 1)化学療法による副作用
 中枢神経には、嘔吐を誘発する物質に反応して嘔吐中枢を刺激する部分があ
 ります。
 これは、血液中の化学物質の影響を受けやすく、抗がん剤治療による嘔吐は
 主にこのルートによりおこりやすいと考えられています。

 化学療法による嘔気・嘔吐には症状のあらわれ方によって、大きく以下の3
 つに分かれています。

 (1)急性悪心・嘔吐
 化学療法開始後より24時間以内に出現するものです。

 (2)持続性あるいは遅延性嘔吐
 薬物投与後24~48時間よりはじまり、持続するものです。

 (3)予測(心因性)嘔吐
 以前の嘔吐した体験から脳の中にある大脳皮質を刺激することによっておこ
 るといわれ、主に精神的要因により出現するものです。

 2)放射線療法による副作用
 放射線によって体内の細胞が変化をおこし、壊された細胞の成分が血液また
 は神経を介し、嘔吐中枢を刺激しおこります。

 3)消化管通過障害
 がんの再発・転移による消化管の圧迫・狭窄(きょうさく)、手術後の腸管
 癒着などの原因でおこります。腹痛、腹部の張り、排便・排ガスがないなど
 の症状を伴い、食事中・食後に苦しくなり吐くと楽になることもあります。

 4)脳圧の上昇
 脳腫瘍・脳出血・髄膜炎・脳への放射線照射などにより嘔吐中枢を刺激して
 おこります。多くの場合、頭痛を伴います。

 5)精神的・心理的な刺激
 緊張・不安、不快なにおい・音・味覚などが原因となり、これらの刺激が大
 脳皮質を介して嘔吐中枢を刺激しおこります。

 2.嘔気・嘔吐による身体への影響

 嘔吐によって水分と一緒に胃液・十二指腸液などに含まれる電解質も体外に
 出てしまいます。電解質(カリウム・ナトリウム・塩素など)は、体内の水
 分量の調節、神経筋肉の興奮・伝達、体内の水分性状バランス保持(酸性・
 アルカリ性に傾き過ぎないようにする)などの働きがあります。
 そのため電解質や水分が多量に失われますと、脱力感・倦怠感(けんたいか
 ん:だるさ)・手足のしびれなどの電解質異常症状や口の渇き・皮膚の乾燥・
 尿量の減少・体重の減少などの脱水症状が出てきます。
 これらがさらに進むとだんだんと衰弱し、意識障害などをおこすこともあり
 ます。

 3.対処

 1)姿勢
 食物が喉頭から気管に入ってむせることを避けるため、姿勢は横向きにし、
 全身の緊張をほぐすために膝を深く曲げたり、意識的に深呼吸などして、気
 分を楽にします。
 あおむけにしかなれない場合は、顔を横に向けましょう。また、背を低くし
 て背中をさすってもらいましょう。急に動くと嘔吐を誘発することがあるの
 でゆっくり動きましょう。胃を安静(胃の運動を抑える)にするために胃に
 氷嚢などを置き、頭を冷やし、軽く目を閉じて静かにしていましょう。

 2)衛生面
 口の中のにおいは嘔気を誘いますので、うがいなどして清潔にしましょう。
 うがいは番茶、レモン水、炭酸水、氷水などでするとさっぱりします。落ち
 ついたら、氷片などを含むのもよいでしょう。

 3)食事
 嘔吐のある場合は、消化管の粘膜が敏感になっています。食事ごとに吐いて
 しまうような激しい時は、1~2食、食事は差し控えてみましょう。
 この場合でも水分はできるだけとりましょう。水分は、電解質バランス飲料
 ・栄養バランス飲料・ジュースなどが体力保持によいでしょう。

 食事がとれそうであれば、食べられそうなものから少量ずつ、または分割し
 て食べてみましょう。食後は、30分前後安静にしましょう。

 以下の事項を参考にしてみて下さい。

 刺激の少ない消化のよいもの
 お粥・うどん・もち・オートミール・パン・ビスケット・クラッカー・半熟
 卵・プリン・ヨーグルト・ジャムなど

 電解質を多く含むもの
 カリウムを多く含むもの─バナナ・メロンなどの生果物・ほうれん草など野
 菜類ナトリウム・塩素を多く含むもの─ブイヨン・コンソメなどのスープ類
 ・青汁など

 食べやすい食品(あっさりとした冷たいもの)
 水分の多い果物・野菜(すいか・みかん・りんご・なし・トマトなど)・ア
 イスクリーム・酢の物・和 え物・梅干しなど

 食事の工夫

 食べやすいように流動的なものにする
 ミキサーを利用した果物野菜ジュース・すりおろしたリンゴ・スープなど

 食欲をそそるために
 柚子・しそ・レモンなどほのかな香りの利用
 ふりかけをかけたり、お茶漬けにしたり、すし飯にしたり、一口大のおにぎ
 りにしたりなど
 食器を小さくしてみたり、小盛に盛ったり、また惣菜は量より種類を増やす
 など


 4)心理的な補助
 心理的な要素も影響しやすいので、身近な人が手を触れたり、背中をさすっ
 たり、優しい言葉で不安をとり除くのもよい方法です。



今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識

癌の基礎知識: 乳がんの検査、乳がんの診断

Posted by Junichi Kawagoe on 13.2011 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback
【 乳がんの検査 】


 乳がんを早期発見する方法に「マンモグラフィー」があります。
 乳房を挟みX線で撮影します。今までの触診と違い、小さながんを発見でき
 る。


【 乳がんの診断 】


 自己検診も可能です。しこりがあるかどうかを自分で検査します。
 大きな鏡で見ながら乳房のかたちの変化、くぼみの有無や皮膚の色の変化を
 調べたり、自分で触ってしこりを探します。乳頭から分泌物があるかも調べ
 ます。

 遠隔転移の検査としては、乳がんが転移しやすい遠隔臓器として肺、肝臓、
 骨、リンパ節などがありますので、遠隔転移があるかどうかの診断のために
 は、胸部レントゲン撮影、肝臓のCTや超音波検査、骨のアイソトープ検査
 (骨シンチグラフィ)などが行われます。



今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識

癌の基礎知識: 化学療法(抗がん剤)

Posted by Junichi Kawagoe on 10.2011 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback
【 化学療法(抗がん剤) 】


 特に、全身的ながん、白血病、悪性リンパ腫、転移がんを治療するのに使い
 ます。
 抗がん剤を注射(時に経口)により、血液を通り、全身に運ばれてがん細胞を
 やっつけます。

 がん細胞は増殖(分裂)するとき設計図をコピーし、細胞分裂を繰り返しま
 す。その時に抗がん剤が作用して分裂を阻止します。
 コピーを邪魔して、設計図をうまく作らせないことで、がん細胞を分裂させ
 ずに殺してしまうわけです。「分裂するときに効く」のが抗がん剤の特徴で
 す。

 しかし、抗がん剤は正常な細胞も傷つけますので、副作用がでてきます。抗
 がん剤は、心臓、膀胱、肺、神経系の細胞にも障害を与えることがありま
 す。
 副作用としては、嘔気、嘔吐、脱毛、疲労感などがあります。

 (多剤併用療法)

 多くの種類の抗がん剤を組み合わせて使う方法です。
 単独で投与するよりも効果的な場合が多いためです。

 (支持療法)

 抗がん剤の副作用を軽減させるための治療。

 (メトロノミック・ケモテラピー)

 最大耐用量より少ない低用量の抗がん剤を一定の頻度(メトロノームのよう
 に規則的に)持続投与する治療法。

 (休眠療法)

 抗がん剤で副作用を起こさないような少しの量を長期間投与する方法。



今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識

癌の基礎知識: 乳房の症状

Posted by Junichi Kawagoe on 10.2011 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback
【 乳房の症状 】


 1.しこり

  乳がんは5mmぐらいから1cmぐらいの大きさになりますと、自分で触ると
  わかるしこりになります。
  しかし、しこりがあるからといって、必ずしも乳がんであるというわけで
  はありません。

 2.皮膚の変化

  乳がんが乳房の皮膚の近くにまでいきますと、えくぼのようなくぼみがで
  きたり、皮膚が赤くはれたりします。

 3.リンパ節のはれ

  乳がんは乳房の近くにあるリンパ節、わきの下のリンパ節(腋窩リンパ
  節)胸骨のそばのリンパ節(内胸リンパ節)や鎖骨の上下のリンパ節(鎖
  骨上リンパ節、鎖骨下リンパ節)に転移しやすく、これらのリンパ節を
  「領域リンパ節」と呼びます。
  領域リンパ節が大きくなってくるとリンパ液の流れがせき止められて腕が
  むくんできたり、腕に向かう神経を圧迫して腕のしびれをおこしたりする
  ことがあります。

 4.遠隔転移

  転移した臓器によって症状は違いますし、症状がないこともあります。
  腰、背中、肩の痛みなどが持続する場合は骨転移が疑われ、荷重がかかる
  部位にできた場合には骨折をおこす危険もあります(病的骨折)。
  肺転移の場合は咳が出たり、息が苦しくなることがあります。肝臓の転移
  は症状が出にくいですが、肝臓が大きくなると腹部が張ったり、食欲がな
  くなることもあり、痛みや黄疸が出ることもあります。



今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識

癌の基礎知識: 化学療法

Posted by Junichi Kawagoe on 05.2011 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback
【 化学療法 】


 化学療法は抗ガン剤を使ったガンの治療法です。薬は、ある特定のガンには
 非常に効果的です。

 化学療法は単独で用いられる場合と、放射線療法または外科療法と併用され
 る場合があります。

 化学療法は経口で投与される場合と、静脈または筋肉内に注射される場合が
 あります。
 薬は体中のガンに行き渡り破壊します。細胞が壊されるスピードはガンの種
 類や薬の種類により異なります。
 そのため、治療期間は患者さんによりさまざまとなります。治療では1つだ
 けの薬を用いる場合や2つ以上の薬を用いる場合とがあります。

 抗ガン剤は原発巣から全身に回ってしまったガン細胞を破壊できるので、多
 くの再発したガンの治療法になります。肺と肝臓ヘの転移に対する治療法と
 してもよく用いられます。

 化学療法を放射線療法と併用することにより脳転移のコントロールに有用な
 ことがあります。



今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識

癌の基礎知識: がんを防ぐための12ヵ条

Posted by Junichi Kawagoe on 05.2011 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback
【 がんを防ぐための12ヵ条 】


 この12ヵ条を実行すれば、がんの約60パーセント(禁煙で30パーセント、食
 生活などでさらに30パーセント)が防げるだろうと専門家たちは考えている
 そうです。

 ありきたりのことが書いてありますが、統計や実験をもとにつくられており
 しっかりとした科学的根拠に基づいているとされています。
 また、国際的ながん予防の指針にも準拠したかたちになっています。


 1.バランスのとれた栄養をとる

  食物のかたよりと発がんの関係が、疫学調査や動物実験によって明らかに
  なってきました。

 2.毎日、変化のある食生活を

  食物中の発がん物質の濃度は、それほど高くないのですが、同じ食品ばか
  り食べ続けると蓄積してがんにかかりやすくなります。

 3.食べすぎをさけ、脂肪はひかえめに

  「長生きの秘けつは腹八分目にあり」

  また、脂肪をとりすぎるとかかりやすいがんが数種類あります。
  乳がん、大腸がんや前立腺がんなどです。

 4.お酒はほどほどに

  肝臓だけでなく、口腔がん、喉頭がん、食道がんと関係があるとされてい
  ます。

 5.たばこは吸わないように

  たばこは、がんに対しても大きく悪影響してきます。

 6.食べものから適量のビタミンと繊維質のものを多くとる

  緑黄色野菜のベータ・カロチン(体内でビタミンA)やレバーなどに含ま
  れるビタミンA、緑茶や緑黄色野菜に含まれる植物成分のポリフェノール
  などは、発がん促進物質の効力を低め、がんの発生を防ぐ作用がありま
  す。

 7.塩辛いものは少なめに、あまり熱いものはさましてから

  -胃や食道をいたわって-
  日本人の代表的ながんは、胃がん。胃がんと塩分の摂取は関連あり。

 8.焦げた部分はさける

  -突然変異を引きおこします-

 9.かびの生えたものに注意

  -食べる前にチェックして-

  ピーナッツなどのナッツ類やとうもろこしにつくかびは、強い発がん性が
  認められています。

10.日光に当たりすぎない

  紫外線でやけた肌は、一種のやけど状態にあります。炎症が続きますと、
  細胞の遺伝子が傷つけられ、がんを誘発する可能性も高くなります。

11.適度にスポーツをする

  疲労がたまれば、気分も憂うつになります。さらに疲労が慢性化し、スト
  レスが続きますと、免疫機能も低下して、病気にかかりやすくなります。
  がんになる危険も高いわけです。

 12.体を清潔に

  体を清潔に保つことで、皮膚がんや陰茎がん、子宮頸がんなどがある程度
  予防できると言われています。



今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識

脳腫瘍

Posted by Junichi Kawagoe on 02.2011 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback
 【 脳腫瘍 】


 人口10万人に対して8~10人程度とされています。年令的には全脳腫瘍平均
 では55歳代がピークとなっています。

 脳腫瘍の種類と頻度では、神経膠腫が全脳腫瘍の34%で第1位を占め、第
 2位には髄膜種の23%、第3位には下垂体腺腫の16%となっています。

 症状としては、頭痛の程度が徐々に強くなったり、嘔吐の頻度が増えてきた
 り、歩き方や話の内容や話し方がおかしくなってきた場合には医師の診察を
 受けましょう。このような症状は脳腫瘍以外の原因でもおこることがありま
 すが、注意が必要です。

 脳腫瘍をおこす症状には、腫瘍自体が神経を圧迫したり壊したりする局所症
 状と、限られた頭蓋内スペースの中で腫瘍が大きくなることによりおこる頭
 蓋内圧亢進症状(ずがいないあつこうしんしょうじょう)があります。



今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識

癌の基礎知識: 乳がんの概要

Posted by Junichi Kawagoe on 01.2011 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback
【 乳がんの概要 】


 日本人女性で乳がんになる人は増加傾向にあり、現在、女性では、胃がんを
 抜いて、日本では最もかかりやすいがんとなってます。

 母親や姉妹で乳がんになった人の場合は、乳がんのリスクが少し高くなると
 言われています。

 特に、カロリーの高い食事、脂肪の多い食事をよくとる肥満傾向のある女性
 や、初潮年齢の早い人、閉経年齢の遅い人、子供の数が少ない人や子供のい
 ない人、最初の出産年齢が遅い人もリスクが高いといわれています。

 遠隔転移のない手術が可能な乳がんの場合、全身に散らばっている可能性の
 ある微小転移に対して全身治療としての薬による治療を行うことによって、
 再発を予防することができます。

 乳がんの再発を予測するにはしこりの大きさや、わきの下のリンパ節(腋窩
 リンパ節)への転移の個数、ホルモン受容体の有無などがあります。

 再発リスクがある場合にはリスクや年齢に応じて放射線などの局所療法以外
 にも、全身治療として薬物療法を行います。




今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識

#

Posted by Junichi Kawagoe on 31.2011 ●●●未分類 Unclassified Entries   0 comments   0 trackback
【 活性酸素を抑える物質 】


 がん予防のひとつとして、活性酸素を抑える物を多く含む食べ物が良いとい
 われています。

 活性酸素を消す物質は体内で作り出される抗酸化酵素と食事等から取る抗酸
 化力のあるビタミンA(β─カロチン)・C・E・B群やポリフェノール・
 カロチノイド等があります。

 これらを多く含む食品としては、抗酸化酵素の材料となる良質のたんぱく質
 を含む肉類・魚・卵・牛乳と酵素を補助する銅や鉄・セレン・マンガンを多
 く含む魚介類・レバー・豆類・ゴマ・肉類、抗酸化物質を多く含む食品とし
 ては緑黄色野菜・果物・ナッツ・卵・チーズ・レバー・豚肉・赤ワイン・緑
 茶・ココア等があります。

 また、活性酸素を必要以上に作り出してしまう原因として食生活に関係する
 ものでは、古くなったり保存状態がわるい油脂を多く含む食品の摂取や不飽
 和脂肪酸(特にリノール酸の多い植物性脂肪)・食品添加物・残留農薬の摂
 りすぎ等があります。

 なお、1つの抗酸化物質だけで活性酸素が消去できるわけではありません。
 また、ある特定の食品を多量に取ることで体に害になる場合があります。

 要は、バランスの良い食事を心がけたほうがいいでしょう。



癌の基礎知識: 食事

Posted by Junichi Kawagoe on 31.2011 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback
【 食事 】


 健康な人であれば、太りすぎはよくありませんが、ガンの治療中は良い栄養
 を取り続けることが大切となるようです。
 よく食べる患者さんはガンの治療効果が高まるという報告もあるようです。

 よく食べることのことは、身体が正常に働くために必要なビタミン、ミネラ
 ルなどを含んだ食物を選ぶという意味です。

 良く食べることのもう一つの意味は、体重減少を避けるために必要なカロリ
 ーと、ダメージを受けた正常組織を修復するために十分なタンパク質を得る
 ことです。

 ダイエットは身体に必要なカロリーと栄養を減らしてしまいますので、治療
 中は勧められません。

 あなたが努力したにもかかわらず、食物の摂取を持続し、正常な体重を維持
 することが困難な場合には、食事の計画を指導してくれる栄養士に相談しま
 しょう。

 重大な栄養の問題がある場合には、家庭または病院で特別な治療をおこなう
 必要があります。



今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識

癌の基礎知識: 前立腺がんと食生活

Posted by Junichi Kawagoe on 26.2011 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback
【 前立腺がんと食生活 】


 最近、増加傾向にある前立腺がんですが、乳がんと同様に現在でも欧米に比
 較すれば、罹患率は約1~2割程度の低さだとされています。

 しかしながら、前立腺がんの発症率が高い国の日系人では約2~10倍程度
 増加し、食生活の西洋化と関連しているものと考えられています。

 前立腺がんのリスク要因については確立したものはありませんが、動物性脂
 肪・赤身肉・乳製品の高摂取などの食生活と関連しているものと考えられて
 います。

 したがって、前立腺がんを予防するためには、肉類や乳製品を控えて動物性
       ============================
 脂肪の摂取を減らすことが重要になってきます。



今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識

癌の基礎知識: ガンと運動2

Posted by Junichi Kawagoe on 25.2011 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback
 【 ガンと運動2 】


 最近の疫学調査によれば、日常、運動をしている人がガンにかかりにくいこ
 とが、明らかにされてきました。

 具体的には、こんな結果もあります。よく運動している人はそうでない人に
 比べ0.19倍から0.56倍の大腸ガンの危険率、0.39倍か ら0.62倍の肺ガン
 の危険率があったとのことです。

 また、運動していない人の直腸ガン、前立腺ガン、膵臓ガンの危険率は減少
 していないようです。

 日常、運動してる人が大腸ガンになりにくいのは、運動している人が便秘に
 なりにくいことと関係があるとされています。

 乳ガンは卵巣ホルモンの分泌と関わりがありますが、運動は月経の周期を変
 え、卵巣ホルモンの分泌量を変えることができて、乳ガンの危険を減らす可
 能性が考えられています。

 前立腺ガンについては、運動を盛んに行っている70歳以上の人は、そうでな
 い人に比べ、これも、危険率は約半減しており少なくなっておりました。

 テストステロンという性ホルモンが多いと前立腺ガンにかかりやすいことが
 知られておりますが、運動選手の血中テストステロン濃度が低いことが知ら
 れています。

 このように、運動はいろいろなホルモンの分泌を変え、ホルモン依存性のガ
 ンを減らすのではないかと考えられています。

 しかし、運動は膵臓ガン、膀胱ガン、胃ガン等には、それほど予防効果がな
 さそうです。

 ただし、前回もご報告しましたが、アメリカガン協会が運動選手について調
 べたところ、激しい運動をしている選手は、軽い運動をしている選手よりも
 いろいろなガンの死亡率が高かった
という報告があります。

 軽い有酸素運動がよろしいようです。



今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識

癌の基礎知識: ガンと運動2

Posted by Junichi Kawagoe on 25.2011 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback
 【 ガンと運動2 】


 最近の疫学調査によれば、日常、運動をしている人がガンにかかりにくいこ
 とが、明らかにされてきました。

 具体的には、こんな結果もあります。よく運動している人はそうでない人に
 比べ0.19倍から0.56倍の大腸ガンの危険率、0.39倍か ら0.62倍の肺ガン
 の危険率があったとのことです。

 また、運動していない人の直腸ガン、前立腺ガン、膵臓ガンの危険率は減少
 していないようです。

 日常、運動してる人が大腸ガンになりにくいのは、運動している人が便秘に
 なりにくいことと関係があるとされています。

 乳ガンは卵巣ホルモンの分泌と関わりがありますが、運動は月経の周期を変
 え、卵巣ホルモンの分泌量を変えることができて、乳ガンの危険を減らす可
 能性が考えられています。

 前立腺ガンについては、運動を盛んに行っている70歳以上の人は、そうでな
 い人に比べ、これも、危険率は約半減しており少なくなっておりました。

 テストステロンという性ホルモンが多いと前立腺ガンにかかりやすいことが
 知られておりますが、運動選手の血中テストステロン濃度が低いことが知ら
 れています。

 このように、運動はいろいろなホルモンの分泌を変え、ホルモン依存性のガ
 ンを減らすのではないかと考えられています。

 しかし、運動は膵臓ガン、膀胱ガン、胃ガン等には、それほど予防効果がな
 さそうです。

 ただし、前回もご報告しましたが、アメリカガン協会が運動選手について調
 べたところ、激しい運動をしている選手は、軽い運動をしている選手よりも
 いろいろなガンの死亡率が高かったという報告があります。

 軽い有酸素運動がよろしいようです。



今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識

癌の基礎知識: 脂肪

Posted by Junichi Kawagoe on 24.2011 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback
【 脂肪 】


 脂肪の摂りすぎは、脈硬化を起こし、心臓病や脳血管障害などの生活習慣病
 (成人病)のもとになります。

 脂肪は、飽和脂肪、単不飽和脂肪、多不飽和脂肪があり、動物性脂肪は飽和
 脂肪です。

 飽和脂肪は常温で固体ですが、他は液体のままです。

 この飽和脂肪を摂りすぎるとコレステロ-ルとして血管に付着し、動脈硬化
 を起こすことになります。

 ところで、活性酸素は脂肪酸を酸化して強力な細胞破壊作用を持つ過酸化脂
 質を作り出します。

 過酸化脂質は血管内壁を破壊し、動脈硬化を促進させることになります。
 このことは、がんの発生にも関係してくると言われています。

 さらに、飽和脂肪を多く含む肉類を毎日食べていると乳がんになる頻度が高
 まるというデ-タがあります。

 タバコや牛乳も乳がんの危険因子と言われています。

 しかし、動物性脂肪といっしょに緑黄色野菜を摂るとカロチンが活性酸素の
 働きを抑えて、飽和脂肪も害をおよぼさなくなると言われています。

 ちなみに、不飽和脂肪は、冷蔵庫の中でも固まらない脂肪です。不飽和脂肪
 には、単不飽和脂肪と複不飽和脂肪の2種類があります。単不飽和脂肪は、
 オリーブ油、ピーナツ、アボカド、ナタネ油などの植物性食物の中に大量に
 含まれます。



今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識

癌の基礎知識: 前立腺がんの治療

Posted by Junichi Kawagoe on 20.2011 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback
 【 前立腺がんの治療 】


 前立腺がんの治療法として、ホルモン療法、外科療法、放射線療法、化学療
 法の4種類があります。


 1.ホルモン療法

   前立腺がんは、男性ホルモンの影響を受けて増殖することが多いがんで
   す。男性ホルモンは脳の一部である下垂体から出るホルモン(LH-RH)
   により刺激を受けて、精巣と副腎から分泌されます。治療としては、こ
   の男性ホルモンがつくられる過程を抑えるか、前立腺に作用しないよう
   にすればよいわけです。


 2.外科療法

   がんが前立腺内に限局している時、手術によりがんをとり除く方法で
   す。


 3.放射線療法

高エネルギ-の放射線を使ってがん細胞を殺す方法です。前立腺がんの
   場合、通常、身体の外から患部である前立腺に放射線を照射します。


 4.化学療法

ホルモン治療が有効でない症例や、ホルモン治療の効果がなくなった時
   に行う治療です。点滴を用いる場合は、通常2種類以上の抗がん剤を用
   います。



今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識

癌の基礎知識: 食生活とがん

Posted by Junichi Kawagoe on 20.2011 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback
 【 食生活とがん 】


 まず、日本人に多い胃がんについては、塩分の摂取が原因の一つになってい
 ます。

 また、カロリーを控え運動をすることにより、肥満を防ぐことも多くの部位
 のがんを抑制することが期待されます。

 しかし、最近、同時に、やせていることも、がんで亡くなりやすい、あるい
 はなりやすいという研究結果もあります。むずかしいですが、肥満でもやせ
 でもない適当な体重を保つように心がけたほうがいいでしょう。

 なお、「焼け焦げ」の中に発がん物質があるというのも、ほぼ間違いないが
 んの危険リスクのひとつと言えるでしょう。

 「焼け焦げ」にはヘテロサイクリックアミンという物質があり、その中にた
 くさんの種類がありますが、その多くに突然変異をおこす力があり、発がん
 性があるということが、動物実験で確認されています。

 また、60%摂食ネズミという、要するに40%餌を制限したネズミと、好きな
 だけ自由に餌を食べるネズミとを比較しますと、60%ネズミでは寿命が長
 く、運動量が多く、繁殖率が高く、発がん率が低いという、いいことだらけ
 になります。食べすぎは健康によくないということになります。
 やはり、腹八分目というのがよいようです。この場合だと腹六分目というこ
 とになりますが。

 野菜の摂取は、多くのがんでリスクを下げていることがわかります。カロテ
 ノイドという野菜の成分やビタミンCもがんのリスクを低下させます。
 特に胃がんでは、野菜やカロテノイド、果物、ビタミンCがよく、やはり食
 塩は、よくないことが知られています。
 結腸・直腸がんでは、定期的な運動がリスク低下につながっています。それ
 に対して喫煙とアルコールはリスクを高めます。特にその両方が組み合わさ
 ると危険であるということは、疫学的にはっきりしています。たばこを吸わ
 れる方はお酒を一緒に飲まれることが多く、アルコールで傷がついた喉頭や
 食道の粘膜にたばこの煙が作用して、おそらく口腔・咽頭、喉頭、食道がん
 が発生する危険性が高まると言われています。

 「毎日生野菜を食べる」という人は、「生野菜をとらない、ときどきとる」
 という人の半分の危険度です。
 果物でも同じように、毎日食べる人では危険度は食べない人の半分以下に減
 っています。生野菜や果物の積極的な摂取により、少なくとも肺がんに関し
 ては、がんの発生に抑制的に働くということがわかっているそうです。



今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識

癌の基礎知識: 脱毛

Posted by Junichi Kawagoe on 20.2011 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback
【 脱毛 】


 1.脱毛とは

 脱毛は、放射線治療や抗がん剤治療による一時的な副作用ですので、症状が
 よくなり治療が終われば必ず回復します。

 したがって、脱毛がおこることを前提にどうしたら脱毛量を減少できるかを
 考えたり、容姿をどのような方法でカバーするかなどの工夫をしていくこと
 が大切です。


 2.治療方法によって異なる脱毛

 1)放射線治療による脱毛

 放射線による脱毛は、照射した部位だけ脱毛がおきます。放射線は、がん細
 胞にダメージを与えると同時に正常な皮膚の細胞に対しても、影響を与えま
 す。照射を受けた部位の皮膚が皮膚炎をおこし、その程度がひどいと毛根ま
 で影響が及び、通常治療開始2~3週間より脱毛がはじまります。
 しかし、放射線治療が終了し、皮膚の炎症がおさまってきますと、もともと
 持っている人間の細胞の増殖によって、正常な皮膚が復活し、毛根も発毛の
 準備が整います。
 個人差と毛根の障害の程度にもよりますが、治療終了後、2~3ヶ月で毛が
 生えはじめます。

 2)抗がん剤治療による脱毛

 抗がん剤により毛根が障害を受けるたね、おこると考えられます。抗がん剤
 治療は全身の治療です。そのため、体毛全体に影響を及ぼします。しかし、
 毛根が完全に障害されてなくなることはないため、抗がん剤による脱毛は一
 時的なものです。
 通常1~3週間で抜けはじめます。治療が終わると1~2ヶ月で再生がはじ
 まり、3~6ヶ月でほとんど回復しますが、個人差、治療の組み合わせによ
 り異なります。

 3)脱毛した時の手入れ法

 個人差はありますが、化学療法開始時から2週目ごろに抜けはじめ、その後
 抜けはじめると1~2週間くらいでかなりの量が抜けてしまいます。脱毛は
 髪を洗ったり、とかしたりした時に多く、朝起きると抜けた毛が枕のまわり
 についているのが目立ちます。髪の毛が抜けた場合、短い髪のほうが始末が
 簡単のように感じますから、思い切って短くしてしまうのもよいかもしれま
 せん。
 衣類や枕のまわりについている髪の毛は、ガムテープなどを使用すると簡単
 にとることができます。キャップをかぶって寝るとまわりに髪の毛が落ちる
 こともなく、脱毛による不快感を多少軽減できるようです。



今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識

癌の基礎知識: 前立腺がんの病期

Posted by Junichi Kawagoe on 20.2011 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback
【 前立腺がんの病期 】


 前立腺がんの臨床ステージとしては、次のように分類される場合があります

  ステージA:前立腺肥大症の手術標本で偶然発見されたもの

  ステージB:前立腺内に限定されているがん

  ステージC:前立腺被膜外あるいは精嚢腺などに局所進展しているがん

  ステージD:リンパ節あるいは遠隔転移を持つがん

 なお、前立腺がんの症状としては、ステージAおよびBでは前立腺がんによ
 る臨床症状はあまりないようですが、ステージCおよびDでは排尿障害、出
 血、膀胱刺激症状や排尿痛などがおこります。

 さらに、ステージDでは遠隔転移による症状、特に骨転移による疼痛などが
 あります。

 また、この骨転移あるいは肺などの転移部位から組織学的に腺がんが検出さ
 れ精密検査の結果、原発巣として前立腺がんが発見される場合もあります。
 早期の前立腺がんの症状と前立腺肥大症の症状とは、区別できないと言われ
 ています。



今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識

癌の基礎知識: ガンと野菜2

Posted by Junichi Kawagoe on 19.2011 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback
【 ガンと野菜2 】


 1.野菜・果物

 豊富な種類の野菜・果物を一日400~800g 食べるのが理想です。
 野菜や果物の中にはがん予防に役立つ物質が含まれていると言われており、
 中でもビタミンA(ベ-タ・カロチン)やビタミンCやEなどが有名です。
 がん死亡者の血液中のカロチン濃度を調べてみると明らかに差があると言わ
 れています。
 がんになりにくい体づくりには、大量の野菜や果物が必要とされています。
 全ての人々がβ-カロチンの豊富な人参、ほうれん草、カボチャ、春菊、
 ビタミンCやEの豊富な野菜や果物類をたくさん食べたほうがいいでしょう


 2.その効果

 がんになる危険度を調べてみますと、野菜や果物をよく食べる人は、食べな
 い人と比較すると低いことが、ほとんどの臓器ではっきりしていると言われ
 ています。

 特に膀胱がん,胃がん,喉頭がん,肺がんは半分以下の発生率であり,咽頭
 がん,食道がん,大腸がん,膵臓がんの発生に関しては危険度が約半分に減
 少するとまで言われています。
 しかし、これは、急に食べ始めたからといって急に効き目が現れるものでは
 なく、10年、20年と続けるから効果が現れてくるそうです。

 食事改善によって、肺がんは20%、乳がん・膵がんは50%、胃がんは3
 5%、大腸がんは90%も減少するというデ-タもあります。
 肉を食べるときには、野菜や果物をたっぷりと食べてからにしたほうがいい
 でしょう。


 3.「健康づくりのための食生活指針」

 厚生労働省の指針です。

 生活週間病予防には、

 (1)いろいろ食べて生活週間病予防
 (2)日常生活は食事と栄養のバランスで
 (3)減塩で高血圧と胃がん予防
 (4)脂肪減らして心臓病予防
 (5)生野菜、緑黄色野菜でがん予防
 (6)食物繊維でがん予防
 (7)カルシウムを十分とって丈夫な骨づくり
 (8)甘い物はほどほどに
 (9)禁煙、禁酒で健康長寿



今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識

#

Posted by Junichi Kawagoe on 09.2011 ●●●未分類 Unclassified Entries   0 comments   0 trackback
 【 納豆 】


 納豆に多量に含まれている大豆サポニンは、動脈硬化の原因とな
 る過酸化脂質の発生を防止し、血液の余分なコレステロールや中
 性脂肪を排除します。

 また、納豆にあって大豆にはない成分であるナットウキナーゼと
 いう酵素は、血液の凝固を防ぐ作用があり、脳卒中などの予防に
 効果的とされています。

 次に、納豆には100種類以上の酵素が含まれているといわれてま

 す。
 ヨーグルトの整腸作用に引けを取らない効果があるようです。
 腸内の悪玉菌が繁殖を阻止し、整腸作用があり、引いては、大腸
 ガンの予防になります。

 また、有名な大豆イソフラボン、これは別名植物由来のエストロ
 ゲンというポリフェノールの一種で女性ホルモンのエストロゲン
 と分子構造が似ていて、同じ様な働きをするため、更年期の冷え
 症や生理不順の解消に効果があるとのことです。

 最後に、最近、骨粗鬆症の予防になるとの研究結果があります。
 納豆に含まれるビタミンK2は、カルシウムが骨に沈着するのを
 助ける作用が強く、近年骨粗鬆症の予防や改善に効果がある成分
 とされています。

 また、最近、ピロリ菌は胃・十二指腸疾患の発症に関与する細菌
 ですが、納豆には、そのピロリ菌の増殖を強力に阻害する成分が
 含まれるという研究結果が発表されています。

 たくさんの効能を備えるすばらしい食品です。


 効能:
 動脈硬化予防 高血圧予防 老化防止 疲労回復 体力回復
 美肌保持 便秘予防 ガン予防 骨粗鬆症予防

癌の基礎知識: 前立腺がんの診断

Posted by Junichi Kawagoe on 09.2011 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback
【 前立腺がんの診断 】


 前立腺がんの診断で簡単なので従来より行われている方法は、直腸指診があ
 ります。これは、肛門から直腸の中に指を入れて、前立腺の状態を調べる検
 査です。指の感覚で、前立腺表面の不整の有無、かたさ、周囲との境界、痛
 みの有無などを検査します。

 前立腺がんの初期の段階では、腫瘤として前立腺内に触診できます。がんが
 進行していくと前立腺全体がかたく、表面が不整になり、さらに進行すると
 前立腺と周囲との境界が不明瞭になります。炎症がなければ、多くは痛みが
 ありません。

 もうひとつの検査は、血液中の前立腺特異抗原(PSA)の測定と経直腸的な
 超音波検査です。PSAは、前立腺がんの存在を検出できる血液検査です。が
 んの進行とともにPSA値も上昇し、病期までも予測することができます。
 しかし、PSAは前立腺肥大症や前立腺炎でも上昇することがしばしばありま
 す。

 超音波検査は、肛門より超音波の機械を入れて直腸を通して前立腺の状態を
 調べます。正常の時は前立腺は左右対称であり、前立腺内の各領域の境界が
 判別できます。がんになりますとその多くは正常部位と異なる像がみられ、
 左右不対称や各領域が不鮮明になることが多く見受けられます。
 さらに進行した場合には、前立腺と周囲組織との境界が不鮮明になり、周囲
 への浸潤(しんじゅん:がんが周囲へ拡がること)が疑われます。



今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識

癌の基礎知識: 再発ガンの治療

Posted by Junichi Kawagoe on 06.2011 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback
【 再発ガンの治療 】


 手術などの外科療法については、ガンの初回治療として用いられますが、再
 発したガンにはあまり使われないそうです。

 外科療法より他の方法がより効果的なことが明らかにされているためです。

 ただし、皮膚における局所再発、または肺、肝臓、骨、脳、リンパ節などへ
 の転移性再発が一箇所だけのときは、これを取り除く手術が勧められること
 もあります。
 その他、放射線療法や化学療法の後に、外科療法が用いられる場合もありま
 す。

 また、足のような体重を支える骨にガンが転移した場合には、腫瘍の増大な
 どで骨折の恐れがあります。この様なケースでは、骨を固定し骨折を予防す
 る手術がおこなわれることがあります。

 さらに、このような処置は治療中に、患者さんの痛みを除き、活動性を保つ
 ことに役立ちます。



今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識

癌の基礎知識: ガンと野菜1

Posted by Junichi Kawagoe on 05.2011 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback
【 ガンと野菜1 】


 1.調理方法

 野菜のがん予防効果と加熱との関係ですが、加熱した方が、がん予防効果の
 ある成分が出てくるために、効果が高くなるとされています。
 電子レンジは、予防成分を閉じこめることができて、効果的とか。
 ゆでた場合は、煮汁に逃げてしまうため効果が少なくなってしまうとも言わ
 れています。


2.野菜の成分

 野菜に含まれるビタミンC、E、カロチノイド、ポリフェノール類は活性酸素
 の悪さを消去してくれると考えられています。

 また、ある種の野菜には解毒作用のある成分が含まれていると考えられてい
 ます。

 これは発がん物質を直接解毒するのではなく細胞に刺激を与えます。
 すると細胞は解毒酵素を作り始めて、この酵素が発がん物質を解毒すると考
 えられています。

 そこで、日本の野菜では、次のものがあげられています。
 海藻類、豆類、ゴマ、セリ、パセリ、ホウレンソウ、しそ、かぼちゃ、サツ
 マイモなどが抗酸化作用が期待できる野菜。ワサビ、大根、カイワレ、カブ
 は解毒作用も期待できます。


3.フィンランドの実験

 以前、野菜に含まれるβカロチンががんの予防に効果があると注目されてい
 ました。そこで実際に人に対して実験が行われました。

 肺がんのリスクが高いとされる喫煙者29133人に対し、半分の14560人に毎日
 20ミリグラムのβカロチンが与えられました。その後の追跡調査で、βカロ
 チン摂取群が18%も多く肺がんになりました。

 このことより、単一の成分の摂りすぎは逆効果にもなることも考えられてい
 ます。



今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識

癌の基礎知識: 喉頭がん

Posted by Junichi Kawagoe on 05.2011 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback
【 喉頭がん 】


 喉頭はいわゆる「のどぼとけ」にあり、内面が粘膜でおおわれた箱のような
 ものです。
 喉頭の内腔は上前方は舌根(ぜっこん: 舌のつけ根)につながり、上から
 喉頭蓋、仮声帯、室、声帯、声門下腔に分けられ、下方は気管から肺へ続い
 ています。

 声帯は左右一対で「のどぼとけ」のやや下に位置しています。声帯のある部
 分は声門と呼ばれ、それより上を声門上、下を声門下と呼んでいます。喉頭
 の背側(後方)には下咽頭と呼ばれる部位があり、こちらは食道へ続いてい
 ます。

 喉頭は、左右の声帯の閉鎖と肺からの呼気により声帯を振動させる発声機能
 の他に、喉頭全体の機能として空気の通り道(気道)の確保と、食物の気管
 内への流入の防御(誤嚥防止:ごえんぼうし)の機能を有しています。
 喉頭がんが進行するとこれらの喉頭の機能障害を引きおこします。

 喉頭がんは、年齢では60歳以上に発病のピークがあり、発生率は人口10万人
 に対し3人程度です。男女比は10:1で男性に圧倒的に多いという特徴があ
 ります。

 喉頭がんの主な危険要因は、たばこと酒です。喉頭がんにかかった方の喫煙
 率は90%以上であり、またアルコールの飲みすぎが声門上の喉頭がんの発
 生に関係するといわれています。

 症状としては、がんの発生部位により最初の症状は異なりますが、最も多い
 声門がんでは、ほぼすべての方に「声がれ」がみられます。

 声門上がんの初発症状は、食物を飲み込んだ時の痛み、いがらっぽさ、異物
 感などです。



今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識

癌の基礎知識: ガンと運動2

Posted by Junichi Kawagoe on 01.2011 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback
【 ガンと運動2 】


 運動は、がん予防に効果があると、最近注目されています。

 1997年、世界がん予防基金と米国がん予防財団は、「がん予防の14カ条」を
 共同発表。その3条「身体活動の維持」で、運動は、大腸がんのリスクを少
 なくするほか、肺がんや乳がんで予防効果が期待できることを発表しました

 日本がん疫学研究会は、それが日本人にどの程度当てはまるかを検討した結
 果、「運動不足は、大腸がんのほぼ確実なリスク要因」と報告しました。
    =====================

 このように、大腸がん予防には運動の有効性が指摘されています。
 がん死亡率は、運動不足グループが最も高く、平均運動量グループの2倍以
 上、積極的に運動しているグループの4倍近いという報告もあります。

 運動は、大腸がんばかりか、どのがんに対しても危険度を低下させる可能性
 があります。予防効果が確実とされる大腸がんについては、運動によって便
 秘が解消され、便に含まれる発がん物質と大腸粘膜の接触が短くなるためと
 考えられているとのことです。

 運動の内容ですが、激しい運動よりも有酸素運動が効果的で、少なくとも1
          =================
 日8,000歩は歩き、それをクリアできれば1万歩、さらに1万2,000歩になると
 理想的といったところです。

 こんな実験結果もあります。マウスに肺がんができやすいように発がん物質
 「4NQO」を与え、普通食のマウス群と高脂肪食群で比較しますと、高脂肪食
 マウスで発がん率が高くなります。
 この高脂肪食マウスに運動させますと、普通食と同程度の発がん率となりま
 す。

 普通食マウスがさらに運動しますと、さらに発がん率は低下します。このこ
 とで運動の重要性がわかると思います。



今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識

癌の基礎知識: ホルモン療法

Posted by Junichi Kawagoe on 26.2011 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback
【 ホルモン療法 】


 ある特定のガンはホルモン量の変化に感受性があります。ホルモンの活動を
 増加、減少、または制限することで、細胞の成長や活動性を抑えることがで
 きます。

 例えば、乳ガンでは、女性ホルモンであるエストロゲンにより刺激を受ける
 のでエストロゲンの働きを抑える抗エストロゲン薬が腫瘍の成長を抑えるた
 めに効果的な場合があります。

 特別なホルモンの産生を止める目的で、外科療法や放射線療法が用いられる
 こともあります。つくりだされるホルモンを保つ目的で他のホルモンや薬を
 抗ガン剤と併用する場合もあります。

 ホルモン療法を含む治療計画は乳ガン、子宮ガン、前立腺ガン、そしてリン
 パ腫と白血病の一部で用いられます。


今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識

癌の基礎知識: 前立腺がんの症状

Posted by Junichi Kawagoe on 24.2011 メルマガ「癌の基礎知識」より   0 comments   0 trackback
【 前立腺がんの症状 】


 前立腺が尿道を囲むようにありますので、前立腺がんが発生するとその増殖
 により尿道が圧迫されて、さまざまな症状がみられるようになります。

 症状としては、排尿困難(尿が出にくい)、頻尿(尿の回数が多い)、残尿
 感(排尿後、尿が残った感じがする)、夜間多尿、尿意切迫(尿意を感じる
 とトイレに行くまでに排尿を我慢できない状態)、下腹部不快感などがあり
 ます。

 がんの大きさが尿道を圧迫するほど大きくならなければ、無症状のことが多
 くなります。逆に、がんが尿道を強く圧迫するようになると排尿困難が悪化
 し、尿が出なくなる状態(尿閉)となってしまいます。

 がんが尿道または隣接する膀胱内に進んだ時は、その部位より出血し、肉眼
 的血尿がみられることがあります。膀胱にがんが進みますと、膀胱刺激症状
 が強くなり尿失禁状態になります。

 また、尿管が閉塞状態になると腎臓でつくられた尿が膀胱まで流れず、腎臓
 にたまって水腎症になり背部痛がみられることもあります。

 さらに、前立腺がんは進行するとリンパ節や骨に転移しやすいため、それに
 伴った症状がみられるようになります。



今日届いたメルマガよりご紹介いたしました。
 1kb-sozai-067.gif To subscribe: 癌の基礎知識
 HOME 

各英語のお部屋 Categories

全記事表示 Show all entries

プロフィール Profile

Junichi Kawagoe

chiisai-sozai-324.gif SBI Business PROFILE
chiisai-sozai-324.gif Self-introduction 自己紹介

Author:Junichi Kawagoe
Nickname: Nako

マイツイッター My Twitter



フェイスブック Facebook

カレンダー Calender

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索 Serch on My Blog

ご訪問者数 Number of Visitors

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。