FC2ブログ

Nako's WEBSITES

Please click below to enter into my website!
   
Hi Japanese friends and peoples from other countries!
How are you getting along with English & Japanese? I do hope that this website would be one of nice places for someone making an effort to improve English and having interest in Japanese culture. I would be more than happy to be of service to you ♪
Please enjoy a pleasant time together with me!!
  
(^_-)-☆ 下記をクリックしてお入りください。
現在、英語力を向上しようと努力をしている方々、日本文化に興味がある外人さんのお役に立てれば嬉しいです♪
Nako's Websites

Today's 英字新聞 翻訳、解説

英字新聞をすらすらと読めるようになりたい!
Please click to enter!

WELCOME TO JAPAN

INTRODUCING JAPANESE AND CULTURES
Please click to enter!

色あせたG20の結束 日本の例外は不名誉

Posted by Junichi Kawagoe on 28.2010 雑記帖 Notebook   0 comments   0 trackback
6月28日11時19分配信 産経新聞



色あせたG20の結束 
日本の例外は不名誉


 世界的な金融危機から脱却する速度は各国によって異なる以上、ポスト危機の成長戦略が異なるのはやむをえない-。G20サミットの首脳宣言は、メンバー間の不一致を認めることで合意したといえる。

 首脳宣言は2013年までに財政赤字を半減させる「努力目標」を盛り込んだものの、具体的なアプローチは各国に委ねられ、拘束力はない。財政状態が先進国で最悪の日本が例外扱いとなったのは、各国の個別事情に配慮した今宣言の象徴であり、日本にとって不名誉な事態だ。

 「みな自国の道を追い求め始めた」。世界恐慌の恐怖の最中、2008年秋のワシントンG20でブッシュ前大統領のシェルパ(個人代表)を務めたダニエル・プライス氏はこう語る。

 信用不安に揺れる欧州諸国が厳しい財政再建計画を打ち出したのに対し、米国は、歳出抑制は短期的な回復の足を引っ張りかねないと主張。財政健全化と景気回復のどちらを優先すべきかという論争に発展した。

 破綻(はたん)処理費用を徴収する銀行税の導入を決めた英仏独は他国にも同調を求め、景気への影響を懸念する日本やカナダの反発を買った。

 中間選挙を控えて雇用情勢の改善を迫られる米国、ギリシャ救済への国民の反発が根強いドイツなど、先進国間の溝には自国の政治的圧力も背景にある。

 「各国が政治的に神経質になった結果、G20の調和は一段と困難」(アンドリュー・クーパー加ウオータールー大教授)になり、宣言は「各国の状況の違い」を認めたのだ。

 しかし、一国の緊張が急速度で他国に波及することを見せつけたのがリーマン・ショックの教訓だ。中国の景気過熱とバブルの膨張、米国の高失業率、そして、日本の長期デフレと債務の膨張…。欧州不安以外にも世界経済の「二番底」リスクは山ほどあり、個別事情の配慮は、対応の遅れまで容認する危険がある。

 ワシントン、ロンドン、ピッツバーグと過去3回のサミットで確認された結束は色あせた。しかし、次の危機の芽を未然に摘出するには、結束力による政策協調が一段と求められる。
スポンサーサイト



本日読んだ記事より引用

Posted by Junichi Kawagoe on 09.2010 雑記帖 Notebook   0 comments   0 trackback
スターバックスについての英語の記事ですが、見出しが粋なのでご紹介します。


あまり日本では報道されていませんでしたが、
スタバは創業社長が社長を譲った途端に業績が落ちました。
その間の見出しはこうでした。

"When the coffee goes cold"
"コーヒーが冷めるとき"

"Starbucks must wake up and smell the coffee"
"スターバックス目覚めよ、コーヒーの香りを醸し出せ"

幾つもの国から撤退し日本でも業績が落ちましたが、創業社長がカムバックして、V字回復に成功しつつあることが
明らかになってきました。

それで、最高位のバリスタ!なのです。

どうして社長に復帰したかを聞かれてこう答えています。

“The reason is love ... I love this company.
I love its 180,000 people. I feel a responsibility to them and to the shareholder.”

"理由は愛だよ。。。わたしはこの会社を愛している。
わたしは18万人の従業員を愛している。わたしは彼らや株主への責任を感じるんだ。

凄い人は、やはり最後は"愛"って言います。

回転寿司の非人道 その後。。。

Posted by Junichi Kawagoe on 03.2010 雑記帖 Notebook   0 comments   0 trackback
How can I say about my own labeled irresponsible which can't avoid blame for...

この日記に対する
皆さんのコメントの最後に書いた、あの時の自身のコメント。。。
http://junichikawagoe.blog109.fc2.com/blog-entry-684.html
生活、仕事に追われ、余裕のない時間が悪いのか。。。
単に僕の非力からか。。。
結局まだ何も行動ができていない。

相変わらずの大盛況だということです。
出てくる家族連れのお客さんは皆、満面の笑顔。
お店とお客様が一体となって、お互いの利益が成立し、
私たち日本の経済に大きく貢献してくれています。

でも。。。
何かがおかしい。。。

When everyone is in the wrong, everyone is in the right.
全員が誤っているときには、全員が正しいことになる。

Pierre De La Chaussee ( ピエール・ド・ラ・ショーセ : 1692-1754 )
フランスの劇作家


PS
学生時代、
ハンバーガー屋さんでアルバイトをしたことがあります。
そこでも見ました。
毎日、いいえ、数分ごとの
廃棄処分と呼ばれる、時間管理のもとの行為。
決して腐ったり、変形したりしている訳ではありません。
調理後数分でそんな訳ない。。。

仕事柄、フィリピンに行きます。
そこでの目を覆いたくなるような食糧事情を知っています。

生活、仕事に追われ、余裕のない時間が悪いのか。。。
単に僕の非力からか。。。
結局まだ何も行動ができていない。


Today's 英字新聞 翻訳、解説
http://smcb.jp/group/14161

あわせて、
路地裏の猫ろびeigo!
http://smcb.jp/group/11878
もどうぞよろしくお願いします。

Parents' smoking gives 15,000 children a year asthma, doctors warn

Posted by Junichi Kawagoe on 25.2010 雑記帖 Notebook   0 comments   0 trackback
今日目に留まった記事からそのままの引用ですが。。。

Tens of thousands of children in the UK every year get asthma, chest infections and ear problems because they are exposed to smoke from their parents' cigarettes, doctors reveal today.


親の喫煙が年間15000人の子どもたちに喘息を与える。医者が警告

毎年英国で何万人もの子どもたちが喘息や胸部感染症、耳の困難を抱えるのは、彼らが両親のタバコの煙にさらされるからである、と医者が今日明かした。


幸い僕ら夫婦はタバコを吸いませんが。。。

人間のよく見られる心理行動として、
「皆が当てはまるわけじゃない。自分は室内でタバコを吸っても、自分の子供は大丈夫。」という、嗜好を変えたくないことから来る根拠のない言い訳をよく耳にします。

( *´艸`)クスクス 実は、僕の両親も、実際そのタイプでした。
まあ、その頃は今ほど喫煙に対しての厳しい見方はありませんでしたが。。。

それが原因かどうかはともかく、妹は、若くして片耳が聞こえなくなってしまいました。

別に僕は、さほど喫煙に関してそれほど排他的でもありませんが、
ただ、無垢な受身のみの子供達のことなので、無神経な喫煙者に対して結構神経質になるのも事実です。

喫煙者の方には耳の痛い記事でした。
Sorry for my too frank opinion which might have offended you smokers!
m(*・´ω`・*)m ごめんne..。。o
Hapon

1

Online video helps police arrest man for speeding

Posted by Junichi Kawagoe on 05.2010 雑記帖 Notebook   0 comments   0 trackback
Japanese police have arrested a man for speeding after analyzing a video clip posted on the Internet.

The 42-year-old company worker, Hiroaki Iwahashi, of Wakayama Prefecture, western Japan, was allegedly riding a motorbike at 188 kilometers an hour in August. The speed limit for the road was 50 kilometers an hour. He has reportedly admitted to the charges.

Police say they were informed of the video clip in September and tracked down the person who put it online. They found that Iwahashi was riding a motorcycle that belonged to the man who posted the video.

They say this is the first time that they have made an arrest using an online video as evidence.

2010/03/05 16:14(JST)
(JST: UTC+9hrs.)

チリ大地震で地軸にズレ

Posted by Junichi Kawagoe on 04.2010 雑記帖 Notebook   0 comments   0 trackback
 2010年2月27日にチリで大地震が発生した。そのすさまじい破壊力によって地球の軸が移動し、1日の長さが短くなった可能性があるとNASAが発表した。

 今回の地震マグニチュードは、アメリカ地質調査所(USGS)の発表によると観測史上5番目の規模となる8.8だった。この地震によって地球の自転速度が早まり、1日が”100万分の1.26秒”短縮したという。カリフォルニア州にあるNASAジェット推進研究所の地球物理学者リチャード・グロス氏が最新のコンピューター・モデルで算出した数値である。

 なお、2004年12月に発生したマグニチュード9のスマトラ沖地震では、同じモデルで1日が100万分の6.8秒短くなったと確認されたという。

 またグロス氏によると、チリ大地震による地球の形状軸のずれはおよそ8センチだという。

 形状軸とは、地球の不均一な質量分布でバランスをとる際に、その中心となる仮想線を指す。地球は南北を結ぶ軸を中心に自転しているが、形状軸はその軸から約10メートルずれている。

 ウィスコンシン大学ミルウォーキー校の地震学者ケイス・スベルドラップ氏は、片方の手に岩を持ったフィギュア・スケーターがスピンする状態に例え、この偏差を説明している。このときのスケーターの回転軸は身体の中心を貫いているが、形状軸は岩を持つ手の方向にわずかにずれるというわけだ。

 チリ大地震によって地球の自転速度が早まったのはなぜなのだろうか。

 スベルドラップ氏は今回のNASAの研究には参加していないが、この点についてもフィギュア・スケーターを例にとり、「腕を畳むと回転スピードが早くなるのと同じ仕組みだ」と述べている。

 チリ大地震でも地球の質量が一瞬、わずかに自転軸に向かって集まり、自転速度がわずかに上昇した。

 今回のチリ大地震は、巨大なナスカプレートが隣接するプレートの下に沈み込んだ際に発生しており、「プレート境界型地震(逆断層型)」に分類される。この「沈み込み」の現象は、地震や火山噴火を引き起こすことがある。

 スベルドラップ氏は、「ナスカプレートの岩石層が地球内部へと沈み込んだ結果、身体の中心に腕を引き寄せるフィギュア・スケーターと同じような状態になった」と説明している。

 現在の科学では、地球の1日の長さを測る精度はおよそ100万分の20秒が限界である。したがって、100万分の1.26秒はあくまでも推測にすぎず正確な数値ではない。「だが、確かにチリ大地震によって地球の1日は短縮した」とスベルドラップ氏は主張している。ただし、この状態は永遠に続くものではないという。

 2010年3月1日には、「1960年のマグニチュード9.5のチリ地震とも関連しており、当時の大地震のひずみが徐々に高まった結果である」とする研究結果も発表されている。

 マサチューセッツ州にあるウッズホール海洋研究所の地質学者ジャン・リン氏は、「2004年12月26日にマグニチュード9.0のスマトラ沖地震が発生し、続いて2005年3月28日にスマトラ断層の南端でマグニチュード8.7の地震が発生した。今回の地震も、この一連のパターンによく似ている」とコメントしている。

「唯一違うのは、スマトラ沖地震では断層南部が断裂して3カ月後に次の地震が起きたが、チリでは1960年の地震から断層北部の断裂までに50年という月日を要した点だ」。

 リン氏は、「この時間差の理由はよくわからない」としながらも次のように話している。「50年は人間の寿命より短い。時間軸上の相互作用も真剣に考察する必要があるだろう」。

Ker Than for National Geographic News

Ooh !

Posted by Junichi Kawagoe on 20.2010 雑記帖 Notebook   0 comments   0 trackback
What is that!? 
What a ...Ooh ! This is from a mate of our community, Cobra san!

I wonder it should be expressed by a word, something like that, well...Transparency?
Here you go!

0c22d087bf00ee74e929efa9c0cb4141.jpg

Amazing !

「恋愛上手な人には、勢いがある」

Posted by Junichi Kawagoe on 19.2010 雑記帖 Notebook   0 comments   0 trackback
本日目に留まった記事より。。。



「また今度」


「いつか」


「そのうち」

あとのばしにする言葉を使うと、

恋愛の運が逃げていきます。

「やる気がない」と思われるからです。

ダラダラとした雰囲気が漂って、

熱い気持ちが伝わってきません。

恋愛に強い人は、次のような言葉を使います。

「今すぐ」

「これから」

「早速」

時間を大切にする言葉です。

キビキビとした雰囲気が漂い、

熱い気持ちが伝わってきます。

恋愛では、勢いが大切です。

恋愛が上手な人は、出会って意気投合すれば

「今から遊びに出掛けませんか」と誘います。

話で盛り上がった勢いを大切にしたいからです。

そういうときには、

なぜか次から次へとうまくいきます。

調子に乗るというのは、とても大切です。

乗りに乗っているときには、

何をやってもうまくいくのです。

恋愛が上手な人は「チャンスは今この瞬間が最初で最後」

という意識が、頭の片隅にあります。

「今日は盛り上がったけど、

次会うときも同じように盛り上がるとは限らない」

事実、そういうことはよくあります。

タイミング、場所、雰囲気、気分など、

さまざまな要因が重なって、

今この瞬間のチャンスが生まれています。

常に「今」を大切にしたいのです。

今日の今この瞬間のチャンスは、

この先、二度とありません。

だからこそ、恋愛の運がいい人は勢いを

大切にしているのです。

勢いを大切にしよう。

「ふりかえる」

Posted by Junichi Kawagoe on 18.2010 雑記帖 Notebook   0 comments   0 trackback
本日目に留まった記事より。。。


成長する人には、決まって「ふりかえる」

という習慣があります。

何かをするたびに「これでよかったのか」

と自分をふりかえり、自分をチェックします。

例えば友達との会話のあとに、

このようにふと考えます。

「自分の言葉遣いはこれでよかったのだろうか。

気分を悪くさせてしまうような言葉を

使っていなかっただろうか」

今しがたの行動をふりかえり、

人にチェックをしてもらうのではなく、

自分で自分をチェックします。

まさに自分自身が先生になっているということです。

こういった習慣が身についている人は、

自分から成長していける人です。

悪いところを人に言われる前に自分で気づき、

そして気がつこうとする努力をしている人は、

積極的に成長しようとしています。

見つかれば素直に直そうとしますから、

そのぶん成長がほかの人よりも早いのです。

成長とは人から与えられるものではなく

「自分で気がつくこと」が本当の成長になります。

本に書いてあることや、

人から言われるままに実践することは、

単なる「見たり聞いたりした」受け売りにすぎません。

実際に自分自身が体験したことを誰でもない自分自身で

厳しくチェックし、

正しくしていくことに成長があるのです。

龍馬伝にも登場、弥太郎・母「へそくりつぼ」発見

Posted by Junichi Kawagoe on 12.2010 雑記帖 Notebook   0 comments   0 trackback
三菱グループの創始者、岩崎弥太郎の母・美和が、一文銭をためていたとされる「へそくりつぼ」が、高知県安芸市の弥太郎の生家近くに住む会社員小谷哲也さん(48)方で見つかり、同市立歴史民俗資料館で年末まで公開されている。

 地元の内原野焼で、高さ約30センチ、直径約20センチ。木箱には、美和が高知を離れる際に、親しかった小谷さんの先祖に譲ったと記されている。

 NHK大河ドラマ「龍馬伝」で、美和役の倍賞美津子さんがへそくりつぼを床下から出すシーンがあり、つぼの存在を伝え聞いていた小谷さんが、1か月ほど前、自宅を探して見つけた。

 つぼには寛永通宝銭177枚が入っていたという。同館は「こつこつ貯金していたのが、しっかり者の美和さんらしい」としている。

Cited an article today I attracted

Posted by Junichi Kawagoe on 30.2010 雑記帖 Notebook   0 comments   0 trackback
How to Train the Aging Brain
( New York Times )

Many longheld views, including the one that 40 percent of brain cells
are lost, have been overturned. What is stuffed into your head may
not have vanished but has simply been squirreled away in the folds of
your neurons.

One explanation for how this occurs comes from Deborah M. Burke, a
professor of psychology at Pomona College in California. Dr. Burke
has done research on “tots,” those tip-of-the-tongue times when you
know something but can’t quite call it to mind. Dr. Burke’s
research shows that such incidents increase in part because neural
connections, which receive, process and transmit information, can
weaken with disuse or age.

But she also finds that if you are primed with sounds that are close
to those you’re trying to remember ─ say someone talks about cherry
pits as you try to recall Brad Pitt’s name ─ suddenly the lost name
will pop into mind. The similarity in sounds can jump-start a limp
brain connection. (It also sometimes works to silently run through
the alphabet until landing on the first letter of the wayward word.)


古くなった脳の鍛え方
( New York Times )

多くの定説の中には脳細胞の40%は失われるというのもあるのだが、これらの
説が打ち消されている。頭の中に詰め込まれたものは消えてしまうのではなく、
ニューロンの襞の中に隠されているだけではないかという。

この仕組みを説明する一人がカリフォルニア州ポモナ・カレッジの心理学教授
デボラ・バーク氏だ。バーク博士はいわゆる「喉まで現象」、分かっているの
にはっきりと思い出せない現象を研究している。博士によれば、この現象が増
える原因の一つは、情報を受容し、処理し、伝達する神経結合が不使用や加齢
によって弱くなるからだ。

だが、博士のもう一つの発見によれば、思い出そうとしているものに近い音 
─例えば、ブラッド・ピットの名前を思い出そうとしているときに、誰かが口
にしたチェリー・ピット(さくらんぼの種)という音─ が加えられると、そ
れまで失われていた名前が頭にひょいと浮かぶことがある。音の類似性によっ
て、弱った脳の結合が活性化されるという。(場合によっては、声を出さずに
アルファベットを読み上げて、へそ曲がりな単語の最初の文字に辿り着くまで
待ってもいい)

学校では、お金については教えてくれない

Posted by Junichi Kawagoe on 25.2010 雑記帖 Notebook   0 comments   0 trackback
本日読んだ記事より。。。


世界には七不思議といういわれがあり、

今の世の中では解決しがたい不可思議なことの

代表と言われています。

わたしがこの七不思議の八番目にしてもいいのでは

ないかと思うくらいの世の中の不思議が、

もうひとつあります。

それが「お金について学校では教えてくれない」

という不可思議な現象です。

学校では社会に出てから役に立つからと、

数学や社会、国語、理科などを教えます。

数学程度の計算や国語、社会の教科はたしかに

社会に出てから役に立ちます。

かんたんな足し算や引き算、

社会の仕組みや漢字の勉強はむだではありません。

それはいいのですが、でも肝心のお金については、

一切教えてくれないのが学校なのです。

お金は人間が生まれてから死ぬまでずっと

付き合い続けなければならない大切なテーマです。

お金は世界中で使われる英語以上の共通言語です。

「これからは国際化だ。英語をしっかり勉強しよう」

となどと叫ばれていますが、でもそんな英語以上に

お金についての勉強のほうがさらにです。

にもかかわらず、これほど大切な勉強を不思議なことに

学校では一切まったくふれないのです。

まるでお金の使い方がヘタな人間を、

あえてつくりだそうとしているかのようです。

ブラックユーモア?ですが。。。

Posted by Junichi Kawagoe on 20.2010 雑記帖 Notebook   0 comments   0 trackback

平凡食堂

Posted by Junichi Kawagoe on 27.2009 雑記帖 Notebook   0 comments   0 trackback
565804_1.jpg
青森県は五所川原駅前にあるその名も
「平凡食堂」・・・・。
いかにも町の大衆食堂のテイストだが、
メニューも平凡なのだろうか?
それとも、非凡なるものがあるのか?

胸にナイフを突き立てられた男、レストランでコーヒーを注文する

Posted by Junichi Kawagoe on 27.2009 雑記帖 Notebook   0 comments   0 trackback
[米ミシガン州ウォーレン 23日 AP] 20日夜、ウォーレンのレストラン『Bray's』にある男性(52)が入ってきてコーヒーを注文し、「ひどい天気だな」と不平をもらした。

驚いたことに、その男性の胸には、長さ12.5センチのナイフが突き刺さっていた。

コーヒーを注文すると、男性は店の公衆電話で911番緊急通報し「ヘイゼル公園の横にある『Bray's』に救急車を回してください」と頼んだ。

男性によると、レストランから800メートルほど離れた場所で、強盗にあい、胸を刺されたという。通報の録音によると、男性は「『Bray's』で座って待っています。イスがあるし、外は寒いですからね」などと話している。

店員によると、男性は落ち着いた様子でコーヒーを注文した。

警察は22日、男性は負傷から回復しつつあると発表した。

何人いるのか?ウッズの愛人

Posted by Junichi Kawagoe on 27.2009 雑記帖 Notebook   0 comments   0 trackback
おもしろニュースに入れるのもどうかと思うのですが。。。


何人いるのか?ウッズの愛人 / 夫人は家出、酒・薬物問題も?
http://news.mag2.com/archive/20091209100000

先月27日の自宅前での事故以来、次々と愛人の存在が発覚し、不倫スキャンダ
ルが泥沼化する一方のタイガー・ウッズ選手(33)。愛想を尽かしたエリン夫人
(29)に、ついに“家出”されてしまったようです。ウッズと夫人は2004年10月
に結婚。結婚生活が7年続かない場合には、ウッズが2000万ドル(約18億円)の
慰謝料を支払うことになっています。


。。。Hapon

1杯1万円のラーメン

Posted by Junichi Kawagoe on 27.2009 雑記帖 Notebook   0 comments   0 trackback
メニューは1杯1万円のラーメンだけ-。国中がデフレにあえぐ中、こんなとんでもない店が来年1月、東京都内に誕生する。目黒区上目黒の「藤巻激城」。1 杯3千円の価格設定と会員予約制を敷き、庶民の味「ラーメン」の世界に“高級”という概念を持ち込んだ店主、藤巻将一さん(41)の新たな挑戦だ。今回、 裏メニュー的に存在していた1万円の「五味融合皇帝麺(めん)」に絞ったというのだが…。(安岡一成)

 「スープが1万円、麺はオマケです」


とのことです。
Hapon


詳細は下記にて
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tokyo/091223..



バックナンバー
面白ニュース・写真: AKO PO AY HAPON2
 HOME 

各英語のお部屋 Categories

全記事表示 Show all entries

プロフィール Profile

Junichi Kawagoe

chiisai-sozai-324.gif SBI Business PROFILE
chiisai-sozai-324.gif Self-introduction 自己紹介

Author:Junichi Kawagoe
Nickname: Nako

マイツイッター My Twitter



フェイスブック Facebook

カレンダー Calender

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索 Serch on My Blog

ご訪問者数 Number of Visitors

QRコード

QRコード